Contents|目次

有島武郎『容易な道を選んではならぬ。近道を抜けてはならぬ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

開高健はこう言い、

 

技術評論家、牧野昇はこう言った。

 

そのことを肝に銘じたいのである。つまりこういうことだ。

 

徳川家康は言った。

 

容易な道を歩いて期待できることは何だ。道を通った後に、何も残っていないのであれば、それはただ『道を通っただけ』だからだ。

 

レバノンの作家、ハリール・ジブラーンなどは、

 

と言っていて、宗教家、御木徳近はこう言った。

 

登り続けるのが人生。足を前に出し続けることが人生。しかし、その行為に何か意味はあるのか。歩いて、旅して、何か良い事でもあるのか。意味など最初からない。それを見つけるのが、この一度きりの人生なのである。そしてその意味は、容易な道を歩いている人間には、決して見つけることは出来ない。

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

モーセ『主の日を心にとどめ、これを聖とせよ。』 沢木耕太郎『とにかくいくつかの失敗を重ねるうちに、少しずつ自分自身に「力」がついてくるのが感じられた。それはまさに「力」として感じられる種類のものだった。』 鍵山秀三郎『お金儲けに成功して、大豪邸に住み、立派な車に乗り、ブランド物を身につけて、おいしいものを食べられる。』

 

関連する『黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』

『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』

『「生きる」ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧