名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

御木徳近『「一体どれだけ努力すればよいか」という人があるが、「君は一体人生を何だと思うか」と反問したい。努力して、創造していく間こそ、人生なのである。』

御木徳近


日本宗教家 御木徳近画像


私はこの言葉を17歳の時に見たが、それから頭の中からこの言葉が消えることはなかった。『人間』というのは、ただ息をしているだけではダメだということは、ルソーのこの言葉からもわかるはずだ。

『生きるとは、呼吸することではない。行動することだ。』

 

息をしているだけで人間になるということならば、無実の赤子や女性を地獄の鬼のように凌辱、暴行し、無差別にテロを起こして殺人を繰り返し、虫も植物も動物も建物も、この世の森羅万象をすべて見下して破壊と殺戮を繰り返し、一発で死刑になるような者も、『人間』として数えなければならない。

 

無差別に銃を乱射して『派手に終わらせてやるよ』という書置きを残し、自殺するような無責任極まりない者に対しても、『人間』という称号を与えなければならない。

 

人間

 

その他にもパラサイト中年、自堕落な浮浪者、悪徳な暴君、馬鹿で無知な二世、厳しい口調にはなるが彼らは『努力』をしないで何かのすねにかじりつき、まるで寄生虫のように寄生して、人生を生きながらえるが、そんな彼らは『人間』として機能しているだろうか。

 

例えば納税をしない者はどうだろうか。それからルールや法律だ。マナーや道徳だ。 人に対する配慮、気遣い。これらは努力の上に成り立つ概念だ。気を抜いて油断していては出来ないことだ。それなりに気を遣う。つまりそこには『努力』が生まれているのだ。

 

人間は、動き、話し、撫で、愛し、学び、遊び、食べ、寝て、配慮し、叱咤し、鍛え、葛藤し、働いて、納税し、自分と自分の家族と、その他の全ての人間と、あるいはその後の全ての人間の為に命を繋ぎ、世界を耕し、あるいは設計し直し、構築し直し、過ちを繰り返さないよう、叡智を積み重ねられるよう、毎日毎日、確かな一歩を歩くべきなのだ。

 

それが『人間』である。それ(創造)をしている間を『人生』と呼ぶのである。

 

これらの根幹にある『責任』を放棄したとき、例えば、無免許で車を運転し、対向車線を突っ走る行動に走ったとしよう。酒を浴びるほど飲み、意識の酩酊した状態で車を運転したとしよう。それで事故で多くの人の命を奪ったとしよう。そこにいるのは本当に『人間』の真の姿だろうか。

 

運転

 

確かに、死ぬ。短絡的に捉えれば、確かに虚しく、儚い命だ。だが、『だからこそ尊い』と捉えることが出来るはずだ。それ(命の尊さ)を知った者こそ、『人間』と呼ぶにふさわしいのである。

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


>>続きを見る

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


>>続きを見る

 

12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『多くの80%側にいる人は、20%側に憧れを抱いているくせに、居心地の良さは80%側の人生に置いてしまっている。』

 

黄金律

『二流以下の人間は、自分の知識を自分を守る盾に使おうとするが、一流の人間はその盾で自分よりも真実を守る。』

 

黄金律

『人間の知性の高さと器の大きさは、受け入れなければならない事実に直面した時の、受け入れる時間の長さに反比例する。』

 

黄金律

『ナスカの地上絵が上空からしか認識できないように、上に行かなければ見えない景色がある。そしてその逆も然りだ。』

 

 

 

御木徳近『「一体どれだけ努力すればよいか」という人があるが、「君は一体人生を何だと思うか」と反問したい。努力して、創造していく間こそ、人生なのである。』



↑ PAGE TOP