名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

開高健 名言/格言

開高健

 

開高健とは

日本作家。生誕1930年。開高健(かいこう たけし 1930~1989年)は、小説、ノンフィクション、評論などで活躍した作家です。代表作には「裸の王様」「パニック」「巨人と玩具」などがあり、「裸の王様」で芥川賞を受賞しています。

 

1960年には中国訪問日本文学代表団として訪中し、毛沢東や周恩来と会見したエピソードも残されています。また、ベトナム戦争中のベトナムに南軍として従軍し、その後は反戦運動を積極的に行うなどドラマティックな人生を送りました。死因は食道がんによる肺炎の併発で、58歳の早すぎる死でした。

 

現在ではその功績を称えて、開高健ノンフィクション賞や開高健記念館などが創設されています。大の釣り愛好家でもあり、現在広く普及した「キャッチ・アンド・リリース」を広めた人物とされています。

 

 

スポンサーリンク

 

開高健の言葉

 

『とにかくいうべきことはハッキリといっておく必要がある。無益か有益かはやってみなければわからないが、いうべきことはいわねばならぬ。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

森鴎外は言った。『己の感情は己の感情である。己の思想も己の思想である。天下に一人もそれを理解してくれる人がなくたって、己はそれに安んじなければならない。それに安じて恬然としていなくてはならない。』徳富蘆花は言った。『人は生きねばならぬ。生きるためには戦わねばならぬ。

>>続きを見る

 

『成熟するためには遠回りをしなければならない。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

作家、山本周五郎は言った。『人の一生は曲がり角だらけだ。』あるいはこうも言った。『一足跳びに山の頂上にあがるのも、一歩一歩としっかりと登ってゆくのも、結局は同じこと。

>>続きを見る

 

『悠々と急げ。』

 

カテゴリー:人生/生死

悠々と、つまり『ゆっくり』と、かつ『急ぐ』というのは、矛盾している様に見える。だが、

>>続きを見る

 

『何かを得れば、何かを失う、そして何ものをも失わずに次のものを手に入れることはできない。』

 

カテゴリー:人生/生死

吉田兼好は言った。『一事を必ずなさむと思わば、他の事破るもいたむべからず。人のあざけりをも恥ずべからず。万事に変えずしては、一つの大事成るべからず。』孔子も

>>続きを見る

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP