名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

上杉謙信 名言/格言

上杉謙信

 

上杉謙信とは(画像

日本武将通称『越後の虎』。上杉謙信は1530年2月18日に生まれ、1578年4月19日まで活躍した日本の戦国時代の大名です。主に活躍したのは現在の新潟県上越市で、その地域性を加味して後世には越後の虎、あるいは越後の龍などと呼ばれるようになりました。そのように猛々しい面が広く知られているものの、甥で後の養子になる上杉景勝には身の上を心配する手紙などを送ったことが記録に残されているなど、子煩悩だった一面も伺えます。

 

白い頭巾のイメージで知られる上杉謙信は、一度出家して仏門に入ろうとしたことがあります。上杉家家臣の内部抗争や宿敵の武田信玄との戦いが芳しくない状況に嫌気がさし、仏門の毘沙門天堂に篭ることが多くなっていて、そのまま信仰の世界に入っていき、1556年の3月23日、ついに家臣に出家の意向を伝え、6月28日に出奔してしまうという事件を起こしています。結果としては家臣たちが主である謙信を探し出し、説得したことで出家を思いとどまっています。このエピソードから仏門との結びつきが連想され、今日知られるような白い頭巾のイメージで語られるようになりました。

 

義侠心の厚い武将として後世に知られているという一面もあります。今川家が武田家に対し、塩の輸出禁止を行い、さらにそれを周辺の国々に要請した際には、逆に甲斐への塩の輸出を推奨しています。敵に塩を送るという言葉の由来ともなっているこのエピソードはとても有名です。名言に、「自分は国を取るという考えはなく、のちの勝ちも考えない。さしあたっての一戦に勝つことを心掛けている」というものがあります。武人としての勝ちにこだわった正々堂々とした姿勢が伺えます。

 

 

スポンサーリンク

 

上杉謙信の言葉

 

 

『戦場の働きは武士として当然のことだ。戦場の働きばかりで知行(報酬)を多く与え、人の長(おさ)としてはならない。』

 

カテゴリー:教育/愛情

中国の皇帝、劉邦の部下の話、『蕭何の武功』を見るのが手っ取り早い。謙信の言う通り、思い上がった武将と軍師たちが、こぞって同僚の『蕭何』に対し、不満を言ったのだ。

>>続きを見る

 

『手にする道具は得意とする業物でよい。飛び道具を使っても、相手が死ねば死だ。鉄砲で撃っても、小太刀で斬っても、敵を討ったことには変わりはない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『葛藤』しただろう。刀文化が完全に浸透していた時代に、銃の文化が入ってきたことについて。

>>続きを見る

 

『人の上に立つ対象となるべき人間の一言は、深き思慮をもってなすべきだ。軽率なことは言ってはならぬ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『常日頃好むところでも、よくこれを選び慎むことが大切である。主人の好むところは、家来や百姓町人も、自然とその真似をするものであるから、とくに注意せねばならぬ。』

>>続きを見る

 

『人の落ち目を見て攻め取るは、本意ならぬことなり。』

 

カテゴリー:知性/知恵

こと『勝負』に徹するならば、相手の弱点を突き、弱った部分を執拗に攻めることは、戦略である。

>>続きを見る

 

『我は兵をもって雌雄を戦いで決せん。塩をもって敵を苦しめることはせぬ。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『敵に塩を送る』。 これはまさに、上杉謙信が、敵対していたはずの塩不足に陥った武田信玄に、塩を送って助けた、という事実が言葉の語源である。(美化されている説もある)

>>続きを見る

 

『心に物なきときは心広く体やすらかなり。』

 

カテゴリー:自己/精神

ドイツの哲学者、ヘリゲルは言った。『あなたは無心になろうと努めている。つまりあなたは故意に無心なのである。それではこれ以上進むはずがない。』

>>続きを見る

 

『生を必するものは死し、死を必するものは生く。』

 

カテゴリー:自己/精神

例えばモンテーニュは、『賢者は、生きられるだけ生きるのではなく、生きなければいけないだけ生きる。』と言ったわけだが、『生きられるだけ生きようとする人間』と、『生きなければならないだけ生きる人間』では、どういう違いがあるだろうか。

>>続きを見る

 

『心に我儘なき時は愛敬失わず。』

 

カテゴリー:自己/精神

人を愛し、人に配慮し、人を敬うことが出来ず、自分本位にしか人生を生きれない人間は、我が儘な心に支配されている。

>>続きを見る

 

『心に欲なき時は義理を行う。』

 

カテゴリー:自己/精神

心に欲がなければ、義理堅くなれる。だが、心に私利私欲、煩悩があれば、『不義理』を行う。

>>続きを見る

 

『心に私なき時は疑うことなし。』

 

カテゴリー:自己/精神

赤ちゃんのあの純粋な行動を知っているだろう。わんわんと泣き叫ぶこともあるが、全幅の信頼を置いて、屈託のない笑顔で近寄ってくることがある。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP