『ヒト』を最適化しよう。

上杉謙信『心に自慢なき時は人の善を知り。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

『しかし、相手は相手なりの正義があり、配慮があった。』こういう風に相手を考えることが出来れば、常に物事はスムーズに運ぶのである。私の場合は、『自分の見識に自信がある』が故に、それを自慢にして、自負して、相手の落ち度を見つけては、それを正論で言い負かし、あるいは、真正面から否定することがある。そのメタメッセージたるや、

 

(お前ごときが詰めた知識と、見てきた景色は、俺のそれと比べた時、天と地の差がある。)

 

という傲慢不遜なものになっていてもおかしくはない。だが、冒頭に書いたとおりだ。相手にたとえ100%の落ち度があったとしても、100%だと考える自分にこそ、落ち度があると考え、ダイバーシティ(多様性)を認め、相手がそこまで積み上げて来た経験と、思い出と、人生を尊重し、それに尊厳を置くことで、相手の背中に生えた『黒い羽』が、白く見えるだろう。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』 『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』

同じ人物の名言一覧

上杉謙信の名言・格言一覧