『ヒト』を最適化しよう。

上杉謙信『心賤しからざる時は願い好まず。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

階層が低い、下品だ、等という意味。心が賤しい人間は、もう、我が儘放題に振る舞うだろう。以前、ヤクザの娘ということをあえて最初に言い放ち、場に緊張感を与えて、その後縦横無尽に振る舞った女がいたが、彼女はとても危険な『憎悪の種』をまき散らしたのと同じだ。そうして作り上げた状況など、虚像に過ぎない。それを言わなければアドバンテージ(有利性)を得られないと思っているのであれば、逆に、『自分自体は無知で無力です』と言っているようなものだ。

 

しかしその前に、なぜ私はそういう人間と会う機会があったのだろうか。それは、私自身の志が低かったからなのである。志が低く、人としての器も小さいのに、私利私欲を満たそうとしてその酒の席にいた。つまり問題なのは、彼女ではない。私の賤しい心構えだったのだ。私自身の志が高ければ、現場に出向き、『憎悪の種を蒔いた馬鹿女め』などと、愚痴を言うことは無かったのである。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』 『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』

同じ人物の名言一覧

上杉謙信の名言・格言一覧