Contents

上杉謙信『心に堪忍ある時は事を調う。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

『堪忍』というのは、怒りを抑えて、人に寛大になること。『調う(ととのう)』というのは、過不足なく調達する、成立させるということ。怒りに心を支配され、我を見失った状態では、事を過不足なく成立させることは出来ない。『ホームとアウェイのからくり』を考えた時もそうだが、人が『アウェイだと凡ミスが増える』のは、心に我を見失ったことが原因である。

 

宮本武蔵も、

 

と言い、羽生善治も、

 

と言っている様に、平常心と克己心とは、何よりも重要である。淡々とした文章では伝わるはずもないが、私は今、極めて特別な思いを込めて『克己心が重要』だと書いている。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

アンブローズ・ビアス『ハンカチ――顔に関してさまざまの汚ならしい役割を果たすのに使われる絹またはリネンの小さな四角い布。特に葬儀の際に泣いていないことを隠すのに役立つ。』 萩原朔太郎『もっとも親しき友人というのは、つねに兄弟のように退屈である。』 島崎藤村『明日は、明日はと言って見たところで、そんな明日はいつまで待っても来やしない。今日はまた、またたく間に通り過ぎる。過去こそ真だ。』

 

関連する『黄金律

『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』

『人間が戦うべき相手は外にはいない。「内」にいるのだ。』

同じ人物の名言一覧

上杉謙信の名言・格言一覧