Contents|目次

上杉謙信『心に迷いなき時は人を咎めず。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

吉田松陰もこう言い、

 

徳川家康もこう言っている。

 

心が迷う。それはつまり、心が彷徨っていて、虚ろであり、不確かな状態ということ。ということは、『道』を踏み外しがちである。間違いなく、『確固たる一歩』を歩くことは出来ない。だとしたら、徳川家康や吉田松陰の言う通り、相手のことを咎め、それを敵と定める判断は、『確固たる一歩』ではないのだ。そういう視点を一つ持ちたい。

 

Twitter上の考察意見

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

木村拓哉『恋人に「好き」とか「愛してる」って言葉は言わないね。そういう気持ちがあったうえで、何か違うこと言ってると思う。』 ジェイ・エイブラハム『ほとんどの企業は、つい間違ったものに恋をしてしまうのです。』 トーマス・フラー『妻は絶えず夫に服従することによって彼を支配する。』

 

関連する『黄金律

『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』

『人間が戦うべき相手は外にはいない。「内」にいるのだ。』

同じ人物の名言一覧

上杉謙信の名言・格言一覧