『ヒト』を最適化しよう。

上杉謙信『心に貪りなき時は人に諂うことなし。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

『貪る(むさぼる)』とは、がっつく、ということ。『諂う(へつらう)』とは、媚を売って気にいられようと振る舞う事。

 

ゲーテは言った。

 

ここで言う、菓子、恋人、快楽、野心、貪欲、これを欲する状態は、『貪ろうとする心』そのものである。これに心を支配されていない限り、『我を見失う』ことはないだろう。媚び諂い、無様な醜態をさらすなどという『乱心』には、陥ることは無い。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』

同じ人物の名言一覧

上杉謙信の名言・格言一覧