名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >  >

 

福沢諭吉 名言/格言(2ページ目)

 

 

『人望は、力量によって得られるものではありません。また、財産をたくさん持っているということで得られるものでもありません。その人の才能と知恵の活発な働きと正直な道徳心によって、徐々に得られるものなのです。』

 

カテゴリー:知性/知恵

普通に考えて、『創業者の子孫』や『資産家の二世』が、そのステータス、地位、権力、それだけのことで、人々から称賛されるということはあり得ない。

>>続きを見る

 

『事を行うには、時機の善し悪しがあります。チャンスに恵まれなければ、どんなに有能な人でもその力を発揮することはできません。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『人の一生には、炎の時と灰の時があり、灰の時は何をやっても上手くいかない。そんなときには何もやらぬのが一番いい。』

>>続きを見る

 

『仕事というのは、偶然できるものではありません。善い事も悪い事も、すべて人間のこれをやろうという意思があってこそできるのです。』

 

カテゴリー:仕事/経営

『仕事』と『作業』は違う。前者のことを言っているのであって、後者のことを福沢は、『仕事』として認めていない。

>>続きを見る

 

『自由と我がままとの境界は、他人に迷惑を掛けるのと掛けないのとの間にあります。』

 

カテゴリー:知性/知恵

たしかに、モンテスキューもこう言ったが、『自由とは、法の許す限りにおいて行動する権利である。』

>>続きを見る

 

『所詮、世の中の出来事は生き物と同じで、その動きを前もって予測することは不可能です。ですから、賢明な人であっても、案外愚かな失敗をする者が多いのです。』

 

カテゴリー:不幸/失敗

だから『予測できる事態』に備えているだけでは十分ではない。それはあくまでも、『人間が予測した事態』だ。世の中のうねりは、人間の予測通りに動くわけではない。天気や天災をピタリ当てられないのと同じである。

>>続きを見る

 

『学問の本質は、生活にどう活用するかということです。活用のない学問は、何も学問しなかったのと同じです。』

 

カテゴリー:知性/知恵

しかし、生活に活用しない学問など、実際のところはあまりない。物を数えているときに算数を用いている様に、言葉を喋り、文章を書くときに、国語の授業を受けた事実を基にしている様に、無意識に生活で活用しているはずだ。

>>続きを見る

 

『自ら動こうとしないものを、導くことはできない。』

 

カテゴリー:知性/知恵

私も、部下にあらゆる教育をしてきたつもりで、仕事に限らず、思想、人生哲学、宗教といった学問から、お金や資産運用といったファイナンシャルインテリジェンス、

>>続きを見る

 

『愚民の上に苛酷な政府がある。良民の上には良い政府がある。』

 

カテゴリー:知性/知恵

彼らの意見は一致している。国とか政府とか政治とかそういうことは別に関係ない。 それは人間が勝手に決めた概念だ。

>>続きを見る

 

『苦は楽の種で、楽は苦の前兆である。』

 

カテゴリー:自己/精神

『苦』は、人間が快楽を得るために通らなければならない健全な道であり、『楽』は、人間が快楽を得るために通るべき道を、軽んじたために得た一時の感情である。

>>続きを見る

 

『水があまりに清ければ、魚は棲めない。人は知的であり過ぎれば、友を得るのが難しい。友人を受け入れるには、度量が広く、多少ぼんやりとしているところもあったほうがいい。』

 

カテゴリー:友情/仲間

極度の潔癖症は、『自分が許した範囲』の外のものは、すべて病原菌であり、自らを毒する悪の根源だと思いがちである。

>>続きを見る

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

シェア

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


↑ PAGE TOP