『ヒト』を最適化しよう。

福沢諭吉『学校の卒業などということは大して意義はない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

しかしそう言われてしまったら、必死に勉強して学校に行った、あるいは行っている人間が、嫌な思いをする。だが、福沢諭吉は別に『学校に行ってる奴は皆勘違いした馬鹿』と言っているわけではないのだ。だから何一つ問題はない。むしろ、行っていい。何しろ福沢は、慶應義塾の創始者であり、それが今の慶應義塾大学の形を作っているのだ。言っているのは『卒業に意義はない』という言葉だ。一字一句をよく見なければならない。

 

例えば、『あそこの大学を出た』ということをひけらかす人間がいるが、彼らの様な人間が軽薄に見える、ということを言っているのである。そんなことしか話せることがないのか、ということで喝を入れているのである。重要なのは、『卒業をひけらかす』のではなく、『何を学んだか』だ。

 

 

しかし、『それをネームバリューにしてアドバンテージを得る』という考えは蔓延している。だが、別にそんなことは関係なく、『意義などない』と言っているのだ。『意義』の話をしているのである。『意味』ならそのアドバンテージを考えた時にあるかもしれないが、およそ『意義』というほど高潔なものではない。

 

それはまるで『法律の援用』に似ている。『援用』とは、自分の好きなように解釈する、という意味で、例えばこの場合、

 

『時効は15年だ。だから事件を起こして、15年あそこに逃げて、そうすれば無罪だ。』

 

と考えるのが、法律の援用ということである。法律の時効はその為に作られたのではない。それを考えた時、なるほど。一見すると正当に見えるそのアドバンテージの話も、単なる『援用』であり、本質を見誤った、愚かな判断ミスである。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『自分のものに出来ない知識は、自分の知識とは言えない。』

同じ人物の名言一覧