『ヒト』を最適化しよう。

福沢諭吉『自ら心身を労して私立の活計をなす者は、他人の財に依らざる独立なり。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

『独立、自立』についての、当たり前の説明である。『親のすねをかじったり、他人からの施しや支援を受けるのではなく、自ら苦労して働いてお金を稼ぎ、それで自身の生活を確立させる。それつまり、独立である。』と言っているだけだ。それを、『福沢諭吉が』、

『自ら心身を労して私立の活計をなす者は、他人の財に依らざる独立なり。』

 

と言ったら、妙にそれっぽく聞こえるというだけである。

 

例えば老子が、

 

と言えば、妙にそれっぽく聞こえるのと同じだ。

 

MEMO
ちなみのこの意味は、一度大きな恨みを買ってしまうと、遺恨が残るものだ。解決しても無駄だ。相手の心の根に根付いているから、消えない。という意味である。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『偶然に期待する人間は、支配される。』

同じ人物の名言一覧