『ヒト』を最適化しよう。

福沢諭吉『苦は楽の種で、楽は苦の前兆である。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

『苦』は、人間が快楽を得るために通らなければならない健全な道であり、『楽』は、人間が快楽を得るために通るべき道を、軽んじたために得た一時の感情である。

 

トルストイは言った。

 

私はその記事で内省したように、この言葉に隠されているカギが、限界効用の逓減であり、そこに記載した聖書の伝道者の書の一節が指し示す、『人間の仕組み』にあると考えたわけだが、試しに、『苦を軽んじて、楽を求める』道を選択してみるといい。

 

例えば、大好きな焼肉を、働きも、運動もしないで5日間連続で食べるのと、働き、運動をし、枯渇させ、ほどよい精神的ストレスを負った状態で、焼肉を食べるのと、どちらの焼肉が美味いだろうか、検証してみるといい。もし、2日目あたりから肉の味が変わってきたと思ったのであれば、それは見込みがある。何しろ人間は、『そうなっている』のだ。

 

 

苦労したから、食事が美味いのだ。楽をしたなら、食事の味は落ちていくようになっているのだ。これはもう、そうなっているのだ。至極単純に、『鉄は水につけすぎていると錆びる』というぐらい、淡々と(ああそうなんだ。)と理解する話なのである。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』 『自分の命を最も躍動させる為には、『働く』必要がある。』

同じ人物の名言一覧