名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

 >  >  >

 

道元『我が身、愚鈍なればとて卑下することなかれ。』

道元


日本禅僧 道元画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!



 

 

考察


曹洞宗だろうが禅宗だろうが、浄土真宗、チベット仏教だろうが、あらゆる仏教の宗派の元祖は全て、ブッダ(釈迦)である。

 

フランス小説家プレヴォは言った。

『宗教は大きな河に似ている。源泉から遠ざかるにつれて、絶え間なく汚染している。』

 

だから私は『宗派』という時点でもうすでに歪曲していると考えるが、しかし、教えが崇高なら、別にそれを否定することは決してない。

 

それに、私とてブッダの言葉は極めて傾聴に値すると考える『無宗教者』だが、 こういう私の様な人間だって、ある種の『ブッダ一派』だ。そう考えると、そういう細かいことは『こと、教えの尊さを判断する際には』関係ないのである。

 

道元のこの言葉も傾聴に値するからこうして内省している。自分の情けない部分を見つければ、人は誰でも自分を卑下したくなる。しかし『コンプレックス』とは、まるで『起爆剤』、あるいは『エネルギー源』である。

 

私が見てきた『第一線に立つ者』は皆、このエネルギー源を腹の底に抱えて煮えたぎらせている。かくのごとく、『卑下し得るコンプレックス』とはまるで、『バネにかかる圧力』である。

 

黄金律

『偉人たちのとある『共通点』

 

 

また、もし『他人と比べて』自分に劣等感を覚えているなら見るべきなのは以下の記事である。

 

白鳥

 

9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。

 

一本の道

 

11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。

 

 

経営の神、松下幸之助がこう言い、

『人と比較をして劣っているといっても、決して恥ずることではない。けれども、去年の自分と今年の自分とを比較して、もしも今年が劣っているとしたら、それこそ恥ずべきことである。』

 

イギリスの探検家、ラポックもピタリ同じことを言ったように、

『他人と比較して、他人が自分より優れていたとしても、それは恥ではない。しかし、去年の自分より今年の自分が優れていないのは立派な恥だ。』

 

自分の人生の尊さを思い知るのが良い。そのことについては、道元の師であるブッダがこう言っている。

 

ブッダ

 

天上天下唯我独尊』だと。

 

この言葉の真の意味は、『この世に自分という存在は、たった一人しかいない、唯一無二の人生を、悔いなく生きるべし』ということなのである。

 

 

 

 

※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

 

シェア

 

スポンサーリンク

 

著者:一瀬雄治(Yuji ichise.)

 

『Inquiry.』のサイトオーナーとして知性あるつぶやきをするよう心がけます。また、1,000本の映画を観てきた人間として、最新映画の感想をネタバレなしでつぶやきます。

 

関連する黄金律

黄金律

この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

 

 

 

1.『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。

人間が背負う全ての思い悩みや苦しみは、選ばれし者だけが受けられる『資格試験』だ。そして、『ピンチはチャンス』の意味をはき違えている人間は多い。


>>続きを見る

 

 

関連する記事

黄金律

『人生のあらゆる艱難辛苦とは、バネにかかる圧力である。』

 

 

黄金律

『艱難辛苦とは、自分の器を削る作業に他ならない。器を大きくしている間は、少しくらい我慢しなければならない。』

 

黄金律

『逆境?窮地?それはそうだろう。枯渇したのだ。それはスポンジが水を吸収する用意が整ったことを意味する。』

 

黄金律

『人間は一生過ちを犯し続ける。『人間』とは、それを認識している者に与えられた称号である。』

 

 

黄金律

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

 

 

道元『我が身、愚鈍なればとて卑下することなかれ。』


スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ

 

同じ人物の名言


『いたずらに過ごす月日の多けれど、道を求める時ぞ少なき。』

 

『自分を習うことは、自分を忘れることだ。』

 

『自己に閉じ込められ、自己にこだわっている間は、世界を真に見ることができない。』

 

『いのちを惜しむことなかれ、いのちを惜しまざることなかれ。』

 

『学道に勤労して他事を忘るれば、病も起こるまじきかと覚ゆるなり。』

 



↑ PAGE TOP