『ヒト』を最適化しよう。

道元『いたずらに過ごす月日の多けれど、道を求める時ぞ少なき。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

人生の時間が、まるで無限に続くかのように錯覚している人は、人生の時間を浪費しがちである。だがその反対に、この人生が有限だと知っている人は、人生の時間を色濃く有意義に使おうと考える。

 

ドイツの小説家、ジャン・パウルは言う。

 

人生は一度しかない。

 

ゲーテは言う。

 

だから歩くべき道を、見誤らないようにしたい。例えば、『四聖』に数えられる、

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリスト

キリスト

世の偉人たちと向き合った私は、

偉人

 

間違いなくそのジャン・パウルやゲーテの言葉に後押しをされている。だから私はそんな生きるエネルギーを与えてくれた名言に感謝し、このサイトを作った。そして私がたどり着いたのは下記の記事だ。宗教の多様性が存在する理由を解決した記事である。

 

『世界平和の実現に必要なのは『真理=愛=神』の図式への理解だ。』 『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』

 

しかし、この記事を読み、そして理解し、自分の宗教を捨てる人はほとんどいないだろう。その理由は私が『名誉ある偉大な指導者』ではないからであり、人間が好きなのは『知性(インテリジェンス)』ではなく、『情報(インフォメーション)』だからだ。

 

この2つのどちらかが改善されたとき、人々は真理に目を向けるようになるだろう。だが、人間が気になるのは毎日のように自分の頭に浮かぶ欲望や邪念だ。それを取り払うことをマスターした人間以外は、真理に目を向けることなどできない。人間がいる限り、それは永久に変わることはないだろう。

 

人間

 

例えばここで言う道元のように見識のある人間だけが生き残れば、『人間は真理に目を向けることができる』と主張することができるが、しかし、識者だけが残り、後の大勢の人間がいなくなったこの地球は、何か物足りない気がするのだ。

 

それに、その識者らの子供や孫が、彼らのように識者になれるかはわからない。やはり、人間がいる限り、この世からこの『道元が見た景色』が消えることはないだろう。ただし、

 

道元

それでも私は真理を見る。

 

もちろん道元は、そう言うだろう。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『やるべきことがない人間だけが、悩み、憎むのだ。』

同じ人物の名言一覧