『道元の言葉』を自分のものにしよう!

道元とは(画像

日本禅僧通称『曹洞宗の開祖』。道元は曹洞宗の開祖であり、鎌倉時代初期の禅僧です。1200年1月19日に生まれ、1253年9月22日まで生きました。その生い立ちについては、さまざまな説があり、両親が誰なのかという点についても複数の説があります。

 

曹洞宗の教義として、修行に終わりはなく無限に続くものとされています。ただひたすらに座禅に打ちこむことこそが最高の修行であるとされていて、そのことから道元の残した名言にも、その教義の内容がうかがえます。「何事も一心不乱に行えば宇宙の真理を体で感じとれる。」、「まことに一事をこととせざれば一智に達することなし」という言葉は、中途半端を良しとせず一つのことへ専念することこそを美徳とするものです。

メニュー

仏教の開祖

日本における仏教のその他の宗派とその開祖

内省記事一覧