『山本五十六の言葉』を自分のものにしよう!

山本五十六とは(画像

日本軍人(海軍大将)。山本五十六は1884年4月4日に新潟県で旧越後長岡藩士、高野貞吉の六男として生まれました。当時の名前は高野五十六。名前の「五十六」は出生時の父は親の年齢から取られており、本人はその由来を生涯大変嫌っていたと言われています。子供時代から負けず嫌いだった山本五十六は、甥である高野力の死を期に軍人を目指し、1901年に海軍兵学校へ入校します。

1913年には両親の死を経験し、同年12月には海軍大学校への入学を果たします。在学中に牧野忠篤の取りなしで旧長岡藩家老の山本家を相続し、名前が山本五十六となります。その後海軍では軽巡洋艦「五十鈴」の艦長などを務めたのち、海軍次官に就任。1929年には海軍少将としてロンドン軍縮会議にも参加しています。その際、山本五十六と山口多聞は軍縮案に反対し、会議を混乱させました。太平洋戦争時には第27代連合艦隊司令長官に就任し真珠湾攻撃を行いますが、この奇襲攻撃に関しては山本五十六の本意ではなく、宣戦布告の遅延を起因とする伝達ミスがあったために起きたと言われています。

1943年4月18日に前線視察の際にアメリカ軍の航空機によって搭乗機を撃墜され、戦死。士気の低下を避けるため、その死は一ヶ月以上秘匿されました。また公式では機上で銃弾を浴びて即死したと発表されていますが、死後の状態から搭乗機撃墜後もしばらく生存していたという異論も存在しており、最期に関する明確な状況は依然として明確になってはいません。

メニュー

内省記事一覧