『後悔したくない方』はこちら

山本五十六『人は真剣になると、自然に口数が少なるなるものだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『人は真剣になると、自然に口数が少なるなるものだ。多人数、集まったところでも、真剣の気、漲るときは、満堂寂として、人のざわめきさえもなくなる。国の中でも同じこと、報道など、静かに真相を伝えれば、それで十分だ。太鼓をたたいて浮き立たせる必要はない。公報や報道は絶対に嘘を云ってはならぬ。嘘を云う様になったら、戦争は必ず敗ける。』

 

『浮つくな』ということだ。『勝って兜の緒を締めよ』ということ。勝って奢らず、負けて腐らず、ということなのだ。

 

アリストテレスは言う。

 

そして、渋沢栄一は名著『論語と算盤』で『得意時代と失意時代』という概念について書いている。

およそ人の禍は、多くは得意時代に萌すもので、得意の時は誰しも調子に乗るという傾向があるから、禍害はこの欠陥に食い入るのである。ならば、得意の時だからといって気をゆるさず、失意の時だからとて落胆せず、平常心を保つことを意識することが重要である。

 

つまり、『得意時代』、調子に乗って浮つくその瞬間から、腐敗は始まっている。

 

腐敗

 

ふわふわとつま先立ちで背伸びして浮つくことは、『この弱点(つま先)を足払いすりゃすぐ転びますよ。やってごらんなさい。』と相手を挑発しているようなものだ。

 

『相手』とは、『不運』である。不運を敵に回す暇があれば、幸運を味方につける気運を呼び込むべし。その方法は、ヘラヘラと浮つき、浅薄なお喋りをすることではない。お喋りをするにしても、そこに真剣さがあるのなら、油断も隙も生まれないだろう。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。』

同じ人物の名言一覧

山本五十六の名言・格言一覧