『ヒト』を最適化しよう。

山本五十六『国産品を使え!でないと日本の航空は独立もしないし、発達もしない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

一見すると、鎖国(ガラパゴス)的で排他的な言葉に聞こえるが、捉え方によっては、そうではない。それは例えば、スティーブ・ジョブズが、

 

といったのと同じ的を射ているのだ。

 

他国(というか他者、他社)を見て、それを模倣し、追従するだけの、二番煎じ的状態に陥ったら最後、永久に群を抜いて競争優位に立つことは出来ない。

 

 

経営の神、松下幸之助も、

 

と言っているが、他に影響、支配されている様では、生き残ることは出来ない。生き残ることが出来ないという事は、淘汰される。それすなわち、競争優位に立つことが出来ないことを意味する。

 

マイケル・ポーターの競争戦略』にはこうある。

競争優位とは、企業が実行する活動の違いから生じる、相対的価格または相対的コストの違いをいう。競争優位を実現した企業は、活動がほかと違っているはずだ。

 

活動の違いには二種類がある。他者と同じ組み合わせの活動を他社より優れて実行しているか、他者と異なる活動の組み合わせを選択しているかだ。

 

 

もちろんここまで読んできたあなたには、一つ目の手法が最高を目指す競争だということはお見通しだろう。そしてこの手法がなぜ競争優位を生み出す見込みが低いのか、その理由もわかっているはずだ。

 

 

そういう心構えが根幹にあるからこそ、日本は今、先進国で在ることが出来ているのだ。

 

ただし、忘れてはならないのが、やはり冒頭に書いたような『ガラパゴス化』である。それに対照的なのは、ユダヤ人だ。ユダヤ人は賢い世界で一番ノーベル賞を取っている人種は、ユダヤ人だ。それに今の世で言えば、

 

  • Google創業者のラリー・ペイジとセルゲイ・ブリン
  • Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグ
  • デル創業者のマイケル・デル
  • インテル創業者のアンドリュー・グローブ
  • マイクロソフトCEOのスティーブ・ハルマー
  • スターバックス中興の祖ハワード・シュルツ
  • ブルームバーグ創業者のマイケル・ブルームバーグ

 

彼らは皆、ユダヤ人である。

 

だがユダヤ人は、かつてのナチスが考えたような、悪の人種などではない。むしろ『そういう劣悪な環境』を強いられ世界中に飛び散らされ、その環境の中で生きていくしかなかった。その中で、言い訳をしないで一生懸命生き抜こうとしたのだ。そして持ち溢れる潜在能力がいかんなく発揮された。その結果が、前述したようなグローバル規模の偉人たちなのだ。

 

フロイトアインシュタイン、そしてキリストまでもが、
このユダヤ人だという決定的な事実。追従をしないとともに、『人間規模の視野』を持つ。ここに、群を抜くカギがある。

 

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

山本五十六の名言・格言一覧