『ヒト』を最適化しよう。

山本五十六『やってみせ、言って聞かせてさせてみせ、褒めてやらねば、人は動かじ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『やって見せ 説いて聞かせてやらせてみ 讃めてやらねば 人は動かぬ』

 

実際の言い回しはこういうものだった。再建の神、大山梅雄は言った。

 

ここに書いたが、私は山本五十六のこの言葉を10代の頃から聞いていて、だが、逆らった。

 

(言っただけ、あるいは言わなくてもやってもらわなければ困る。真の絆があればそれが出来るはずだ。)

 

と思っていたのだ。しかし、ことごとく山本五十六の言う通りになったのである。

 

部下

 

言うことを聞かないのだ。部下が。いや、表層上では、十分言う事を聞きそうな条件が揃っていた。例えば、こびへつらっていたし、あるいは、そうやって口に出していた。

 

つまり私は『過信』していたのだ。自分を。部下を。表層上に出る実態を。

 

しかし、『人物』は信用しても、『人間』は信用してはいけなかった。その『人間』の中にはもちろん、私も含まれているのである。

 

部下においてもそうだ。『以心伝心的な少数精鋭』を望む私は、単なるロマンチストだった。まずは、徹底したリアリストでなければならなかった。つまり山本五十六の言う通りだ。背中を見せるのだ。そしてそれを頭と、心に焼き付けさせる。そうじゃなければ、彼らも頭の中ではわかっていても、心のどこかでは、舌打ちをしているものなのである。

 

私の様に、幼いころから一緒だったような人間関係でもダメだった。だとしたら、恐らく本当に全ての人間関係は、山本五十六の言う通りだ。

 

まずは自分がやってみせ、それで説得者要因を築き上げ、そのうえで、初めて相手の主体性を煽る指導、助言をする。そうでなければ、相手は壁にぶつかって、腐り、根を上げ、心の底で、それをやらせた上司に舌打ちをするだろう。

 

だが、上司がまず手本を見せ、

 

『俺が出来るんだから、他の奴ら全員も出来るに決まってるだろう。』

 

と言って、問題を解決していく方向に光を灯すなら、彼らは勇気を持ってその方向に向かい、壁にぶつかっても梯子をかけてそこを登り、次々と直面する試練、問題を乗り越えていくことだろう。

 

問題

 

私は今、『吃音症』という黙り込んでしまう病気を抱えた部下と、かれこれ6年以上、上司と部下の関係に身を置いているのだが、山本五十六や、教育の神、森信三の言う通り、

 

人を育てるということは、とても大変なことだと身に沁みて実感している。

 

そして同時に、『そんなことは当たり前だ』という境地に達するべきなのだと、毅然とした彼ら先人たちの言葉を聞いて、身が引き締まり、かつ、『負けてられるか』という反骨精神が、燃えたぎる今日なのである。

 

反骨精神

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』 『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』 『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。』

同じ人物の名言一覧

山本五十六の名言・格言一覧