『ヒト』を最適化しよう。

山本五十六『怜悧なる頭には閉じたる口あり。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『怜悧(れいり)』とは、利口、賢い、という意味。

 

道教の創案者、老子は、

 

と言ったが、

 

知者は、多くを語らない。口数の多い人は、実はあまり物を知らない。

 

こんな風なイメージは、想像にた易いことである。

 

 

何しろ、喋れば喋るほど、状況が相手にとって有利になる。相手にばかり情報が集まって、こちらには集まらないからである。だが、これを更に深く潜って上級的に考えてみよう。

 

『閉じたる口』

 

もちろんこの山本五十六の場合であれば、寡黙で、無駄口を叩かないという方向だが、これは、こういう風に解釈することもできる。

 

『こちらの本質を一切相手に伝えない。』

 

つまり、『本質以外の事は喋っていい』のだ。『これ』を逆手にとって利用したのが『レッドクリフ(赤壁の戦い)』のある一コマにおける、天才軍師、周瑜だ。曹操軍の遣いが、旧友である周瑜に近づき、情報を盗もうと企んだ。

 

周瑜は、久しぶりの旧友との再会に喜んだフリをして、酒を飲み、酔っ払い、偽の情報をさも『機密情報』かのように仕立て上げ、酔いつぶれてやむを得ず盗まれてしまった、

 

という状況を故意に作り上げた。

 

メタの世界』を操ったのである。

 

 

つまり、周瑜は相手にべらべらとしゃべったが、その内容は、本質とは真逆の実態だった。『偽の情報』だったのだ。山本五十六の言葉は、こういう風な見解を持つこともできるのだ。

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。』

同じ人物の名言一覧

山本五十六の名言・格言一覧