『ヒト』を最適化しよう。

ニキビの最大の原因に等しいのは『活性酸素』!この対策が大きな予防になる

活性酸素はどうニキビに関係しているの?

ニキビの最大の原因は活性酸素だと言われるほどです。

活性酸素が過剰に出ないように対策することは、間違いなく人間の心身に良い影響を与えます。

先生

活性酸素はあらゆる病気にかかわっているからね!適度にあるのはいいんだけどね!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

活性酸素はニキビの原因

ニキビができる原因を見てみましょう。

 

ニキビができる原因(内因性)

ニキビができる原因(外因性)

その他

 

ニキビは一つの原因によって発症するわけではないので、このすべての要素を最適化することが求められます。例えばニキビはアクネ菌の増殖が原因だと長い間言われてきましたが、最近の研究ではそうではなく、例えば『抗生物質』の服用が関係している可能性もあるという説も上がっています。

 

 

ただ、その中でも強力な大きな要因として挙げられるのは、活性酸素です。『ようこそ!私のニキビクリニックへ―さあ、お入りください。ニキビ完治への最後のドア…』にはこうあります。

活性酸素こそ肌の大敵

(省略)この活性酸素は、ニキビを悪化させるだけでなく、皮膚に対してさまざまな悪さをします。(中略)今まで見てきたように、活性酸素は皮脂を酸化することによってニキビをつくり、炎症を悪化させます。日焼けの炎症も活性酸素のしわざですし、メラニン色素の生成を促してシミやくすみの原因をつくるのも活性酸素です。また活性酸素は皮膚細胞を傷つけて皮膚の老化を早め、しわやたるみをつくります。そして究極の害は、DNAを損傷して皮膚がんを誘発することです。(中略)このように活性酸素は、あらゆる肌のトラブルに関わっています。

 

また更に違う専門書を見てみましょう。『医師によるニキビ・ニキビ跡・毛穴の開き完全治療マニュアル―ニキビは皮膚病の一種です!!』にはこうあります。

活性酸素の害

(省略)すでに紹介したように、皮脂が毛穴に詰まってしまうことがニキビのそもそもの原因です。とはいえ、それだけではニキビにはなりませんし、炎症を起こすこともありません。毛穴に詰まってしまった皮脂が酸化されて、遊離脂肪酸や過酸化脂質という物質に変わると、コメド(面皰)が作られ、ニキビが発症するのです。コメドが炎症を起こし、ニキビを悪化させるのも、酸化が大きな要因です。

 

先生

活性酸素はニキビの原因なんだね!まずはそれを理解しよう!
ふむ!

ハニワくん

遊離脂肪酸や過酸化脂質に変わってニキビになる

ではここで、思春期にニキビができる原因と流れを見てみましょう。

 

STEP.1
第二次性徴期を迎えて性ホルモンのバランスが大きく乱れる
 
STEP.2
男性ホルモンの分泌が盛んになる
 
STEP.3
皮脂腺が増大して皮脂が多く分泌される
 
STEP.4
洗顔不足によって毛穴に皮脂が詰まるとコメドが形成される
 
STEP.5
常在菌『アクネ桿菌』が皮脂によって増殖し、コメドが炎症する
『白ニキビ』の段階。 

 

なぜ思春期のケースを持ちだすかというと、ニキビができる原因というのは複雑であるからして、一例を出すことしかできないからです。ここではわかりやすく思春期にニキビができる原因と流れを載せました。

 

 

そしてそれを更に厳密に言うとこうなるわけです。

 

STEP.1
何らかの原因によって毛穴に皮脂が詰まる
 皮脂の過剰分泌、洗顔不足等。
STEP.2
毛穴に詰まった皮脂が活性酸素によって酸化され、遊離脂肪酸や過酸化脂質に変わる
 
STEP.3
コメドが形成される
 
STEP.4
常在菌『アクネ桿菌』が皮脂によって増殖し、コメドが炎症する
 『白ニキビ』の段階。

 

活性酸素は皮脂を酸化させますが、厳密に言うとそのあと遊離脂肪酸や過酸化脂質という物質に変わってしまい、ニキビの原因を作ってしまうわけですね。ですから、あまり体内に活性酸素を多く産生させたくないのです。

 

 

先生

活性酸素は疲労によっても発生するよ!だから過度な運動をしている人は老化が早く、寿命も短いと言う専門家もいるんだ!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

紫外線を浴びるとニキビになる

例えば、紫外線を浴びるとニキビが悪化します。下記の薄毛の記事にも書きましたが、紫外線を浴びることによって活性酸素が増えると、肌老化につながります。また頭皮が老化すれば、そこにある毛母細胞も、それを土壌にしている髪の毛にも悪影響を与えます。

 

Inquiry.
頭皮の日焼けは髪の毛に悪い?薄毛の原因ともなる紫外線の働きとは

 

STEP.1
紫外線を浴びる
 
STEP.2
活性酸素が増える
 
STEP.3
組織や細胞が老化する
 
STEP.4
ニキビや薄毛の原因となる
 

 

紫外線でニキビが出来る原因を、更に詳しく調べてみましょう。『医師によるニキビ・ニキビ跡・毛穴の開き完全治療マニュアル―ニキビは皮膚病の一種です!!』にはその理由として、以下のポイントを挙げています。

 

  1. 活性酸素を発生させるから
  2. 毛穴に詰まった皮脂が酸化されるせいでコメドが作られる
  3. アクネ菌が分泌するポルフィリンに紫外線が当たると活性酸素が大量に発生する

 

この著者は、毛穴が詰まるだけでなく、『活性酸素』が大きく影響していると説明しています。このことについて、更に詳しく掘り下げている本があります。『ようこそ!私のニキビクリニックへ―さあ、お入りください。ニキビ完治への最後のドア…』にはこうあります。

アクネ菌と紫外線から産生される活性酸素

(省略)活性酸素やフリーラジカルと呼ばれる過激な酸素には、いくつか仲間があります。過酸化水素、ヒドロキシラジカル、スーパーオキシド、一重項酸素、NOラジカルなどです。これらは他の物を即時に酸化するという点では、どれも同じ性質をもちます。さて、ニキビの元凶のようにいわれるアクネ菌ですが、アクネ菌は皮膚の表面に、コプロポルフィリン(以下ポルフィリン)という傾向性の代謝物を排出します。これは人間でいえば、おしっこやうんちのような老廃物です。

 

このポルフィリンに紫外線が当たると、一重項酸素が発生します。一方、ニキビ肌の皮膚から検出される活性酸素も、一重項酸素です。このことから、ニキビ肌をひきおこす活性酸素は、ポルフィリンと紫外線から産生される一重項酸素だということがわかります。

 

つまりこういうことです。

 

STEP.1
紫外線を浴びる
 
STEP.2
活性酸素(一重項酸素)が発生する
 アクネ菌の排泄物である『ポルフィリン』からも活性酸素(一重項酸素)が発生する
STEP.3
活性酸素は溜まった皮脂を遊離脂肪酸や過酸化脂質に変え、周囲の細胞を傷つける
 
STEP.4
ニキビが発生する
あるいは悪化する。

 

先生

運動だけじゃなく、紫外線を浴びるだけでも活性酸素は発生するんだ!過度に紫外線を浴びることも避けたいんだね!
なるへそ!

ハニワくん

活性酸素は有害そのもの?

『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』にはこうあります。

活性酸素とは?

ふつうの酸素と比べていちじるしく反応性が増した酸素のことで、活性酸素は体内のいたるところで、つねに発生しています。ストレスや紫外線などによっても発生し、活性酸素が体内で増えすぎると、細胞や組織を傷つけ、老化の原因になるといわれています。具体的にはシミシワを引き起こし、また癌細胞の発生を促すこともあるようです。この活性酸素を除去する作用を、抗酸化作用といいます。

 

活性酸素は、適度にあるくらいであれば、人間にとって必要不可欠なものです。食細胞が食べた細菌やウイルスなどの異物を溶かし、食細胞を常に空腹の状態にさせるからです。つまり、常に細菌やウイルスなどから身を守るために、メンテナンスをしてくれるんですね。

 

しかし、『根本から治す 奇跡のアトピー治療』にこうあります。

しし、問題はこれから先にあります。活性酸素にはジキルとハイドのような二面性があったのです。活性酸素が体内で増加しすぎると、勢い余って自分の身体の組織をも攻撃してしまうことがわかったのです。

 

活性酸素はあまり体内で増加しすぎない方がいいのです。本当に適量だけ存在すればいい。しかし、活性酸素を作る条件を満たしてしまうと、この量がすぐに許容範囲を超えてしまうんですね。

 

 

先生

栄養素なんかも適度ならいいけど過剰摂取でがんのリスクが上がるものがあるからね!何事も適度に適量に、適切にっていうことだね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

『諸刃の剣』

『医師によるニキビ・ニキビ跡・毛穴の開き完全治療マニュアル―ニキビは皮膚病の一種です!!』にはこうあります。

ニキビ痕と色素沈着

(省略)ニキビ痕は治りにくく、場合によっては一生残ってしまうことも少なくありません。なぜなら、炎症を起こした部分の皮膚組織が破壊されてしまうからです。細菌の増殖が始まると、細菌の害から身を守るために好中球という細胞が活発に動き出します。好中球は白血球の一種で、強力な殺菌作用のあるヒドロキシラジカルという物質を作り出し、細菌を退治してくれるわけです。赤く腫れる炎症が起こるのは、ヒドロキシラジカルと細菌の戦闘がまさに展開されている証拠なのです。そして、膿は退治された細菌の死骸です。

 

つまりこういうことです。

 

STEP.1
ニキビが炎症を起こす
 
STEP.2
細菌の害から身を守るために好中球という細胞が活発に動き出す
  好中球は白血球の一種。
STEP.3
ヒドロキシラジカルという物質を作り出し、細菌を退治する
 ヒドロキシラジカルは強力な殺菌作用がある。
STEP.4
赤く腫れる炎症が起こる
 ヒドロキシラジカルと細菌の戦闘が行われた証拠。膿は退治された細菌の死骸。

 

このヒドロキシラジカルというのは、活性酸素の一種です。これが『体内に侵入してきた細菌やウイルスなどを退治しようと免疫細胞が活動するとき』に活性酸素が発生する理由なんですね。

 

実際には、活性酸素は『菌を殺して有害物質から身を守る』ためにも働いてくれるのですが、その『攻撃力』は強く、まるで『諸刃の剣』です。つまり、相手にダメージも与えるが、持っている自分の手も切れてしまう。そういう存在が、活性酸素なんですね。

 

先生

剣を握る場所も尖っていて、その手も切れてしまう剣があるけど、攻撃力が高くても自分もダメージを負ってしまうから困るね!
うーむ、なるほど!

ハニワくん

タバコも活性酸素を発生させる原因

 

活性酸素を発生させる原因

  • 紫外線
  • 水道水に含まれる塩素
  • 酸化しやすい油を多く含む食品
  • タバコ
  • 排気ガス
  • 放射線
  • 一部の医薬品や農薬
  • 酸素を体内で利用するとき
  • 食物を摂取してエネルギーに変換するとき
  • 体内に侵入してきた細菌やウイルスなどを退治しようと免疫細胞が活動するとき

 

活性酸素が発生してしまう原因はたくさんあります。例えばタバコです。

 

STEP.1
タバコを吸う
 
STEP.2
ニコチンやタール等の有害物質を摂り入れる
 
STEP.3
それを無害化するために活性酸素が発生
 
STEP.4
仕事を終えた後の活性酸素をビタミンCが無害化
 
STEP.5
ビタミンCが無駄に消費される。
 

 

このように、タバコを吸っても活性酸素は増えてしまいます。それから大気汚染や水質汚染等をふくめたあらゆる有害物質の摂取です。それによっても体内に活性酸素が増えます。

 

 

また、便秘もそうです。『素肌美人になれる 正しいスキンケア事典 (基本の美容シリーズ)』にはこうあります。

便秘と肌荒れの関係

(省略)ではなぜ便秘は肌によくないのでしょうか?便秘により腸内細菌のバランスが乱れ悪玉菌が増え、それが活性酸素を発生して老化を促進します。また善玉菌が減少し、美肌にとって必要なビタミンB群の合成が妨げられることも関係しているといわれます。腸と肌は深い関係にあるのです。

 

つまりこういうことですね。

 

STEP.1
便秘になる
 
STEP.2
腸内細菌のバランスが乱れ悪玉菌が増える
 
STEP.3
活性酸素を発生させて老化を促進する
 善玉菌が減少し、美肌にとって必要なビタミンB群の合成が妨げられる。
STEP.4
ニキビや肌荒れ、たるみやくすみ、シワやシミの原因となる。

 

つまり、冒頭に挙げた『ニキビができる原因』の背景には、大体この活性酸素が関係しているのです。

 

 

先生

こうして考えると活性酸素が発生するのは得てして『不自然なもの』に触れたときだね!自然な生き方を心がければ避けられるかもね!
たしかに!

ハニワくん

アルコールはどうか

冒頭の原因にはありませんが、お酒もそうです。また、『毒だらけ 病気の9割はデトックスで防げる』にはこうあります。

アルコールは活性酸素を発生させるものです。分解酵素をもっていない人や少ない人は、アルコールを摂るのは控えたいものです。添加物の多いアルコールも要注意です。例えば、ほとんどの赤ワインには保存料として亜硫酸塩が含まれています。これは解毒の妨げとなる物質ですので、赤ワインのポリフェノールがいいからと添加物の入っているワインを飲むのはおすすめできません。

 

アルコールは活性酸素を発生させるのです。

 

 

『体に過度な負担がかかるもの』は大体活性酸素が発生する原因だと考えていいでしょう。タバコ、アルコール、薬物、有害物質等を体内に入れると負荷がかかりますが、そういうイメージで考えればわかりやすいですね。過度な運動もその負荷の一つです。

 

  • 適量のお酒
  • 適度な運動
  • 適度な仕事
  • 適度な家事
  • 適度な育児
  • 適切な食事

 

すべてこのように『適度』にできれば活性酸素の発生を抑えることができます。

 

しかしアリストテレスがこう言ったように、

 

その『適度』を見極められる人はごくまれだと言えるでしょう。それであれば、一体どうすればいいでしょうか。まずは先ほど出た『活性酸素を発生させる原因』をなるべく意識して避けることです。

 

これはちょっと体に負荷がかかるかな

これはちょっと『不自然』なことかな

 

と思うのであれば、その感覚に従うことが大事です。

 

先生

ただ、適度なアルコールであれば酸化ストレス(活性酸素の攻撃)を解消することができるよ!ここでもまた『適度』が出てきたね!
うーむ!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. 活性酸素はニキビの原因。
  2. 毛穴に詰まった皮脂が活性酸素によって酸化され、遊離脂肪酸や過酸化脂質に変わってニキビになる。
  3. 紫外線を浴びることによって活性酸素が増えると、肌老化に繋がり、ニキビになる。
  4. 活性酸素は、常に細菌やウイルスなどから身を守るために、メンテナンスをしてくれるもので、適度にあるくらいであれば人間にとって必要不可欠なもの。
  5. 活性酸素が体内で増加しすぎると、勢い余って自分の身体の組織をも攻撃してしまう。
  6. 活性酸素はまるで『諸刃の剣』。
  7. タバコも便秘も腸内環境の悪化も、すべて活性酸素を発生させる原因。
  8. アルコールは活性酸素を発生させるが、適度なアルコールは酸化ストレスを解消させる。

 

対策は?

どこに目を向けても活性酸素の原因はあります。では、どのような対策が考えられるでしょうか。

 

『自然に沿った生き方』とは

『病気にならない暮らし事典-自然派医師が実践する76の工夫-』にはこうあります。

『自然に沿った生き方をしましょう』といっても、私たちの現代の生活、とくに都会での生活は、衣食住そのほかの日常すべてが、すでに本来の自然から大きくかけ離れてしまっています。私は、『これらの現代文明のすべてを捨てて、原始時代の生活に戻りましょうね』と言うつもりは、もちろんありません。ちょっとした工夫で、現代生活のなかでも改善できることがたくさんあるのです。(中略)この地球上のすべての生物は、人も動物も植物も微生物も、さらには鉱物などの生物以外のものも含めて、地球の分身であり、きょうだいであり、すべてが循環してつながっています。どれが上、どれが下もない、同じ地球の一部で、それぞれの役割の違いがあるだけなのです。

 

人以外のすべての生物は、自然に沿って生きています。人だけが高度な知能をもち、ほかを支配してもいいというのは、きわめて傲慢な考えであり、その結果ゆえに多くの人が病気になっていくのです。つまり、病気にならない心とは、これらすべてのものの役割を認め、感謝する心ということになります。

 

ニキビを針で潰したり、手で押して芯を取ってもいいの?一番大事なのは『自然』な生活習慣

 

上記の記事に書いた、

 

  • パプアニューギニアの高地
  • インドネシアのスラウェシにあるシージプシー・ビレッジ(漂流民の村)
  • アーミッシュの人

 

の話を見てみましょう。上の二つの人々は『ニキビとは無縁』の人生を生きていて、アーミッシュの人にはアレルギーがありません。それは、彼らは『古くから伝わる自然な生き方』に沿って生きているからなのです。『自然からかけ離れれば離れるほど、不自然な影響を負う』という図式が頭をよぎりますね。

 

『真理(愛・神)から逸れれば逸れるほど虚無に近づく。』(7ページ目)

 

先進国で生きる人々はそれを無意識に『難しい』と思ってしまいますが、しかし、実際は難しいことではないはずです。ちょっとした工夫で、現代生活のなかでも改善できることがたくさんありますよね。例えばタバコをやめたり、紫外線を避けたり、暴飲暴食をしなかったり、ストレス問題を最適化することはできます。

 

 

テレビやスマホやパソコンに依存せず、睡眠を大事にして、ストレスフリーを意識して生きていくことはできるはずです。

 

 

先生

ニキビとは無縁の人生を生きる人たちの存在は、驚きだね!だけどその人たちからしたら、先進国の常識の方が驚きなわけだから!
うーむ!

ハニワくん

食生活を含めた『5大要素』を見直す

ニキビというものは、飲み薬や塗り薬で対症療法的に、『できたら薬を飲む』という考え方で対応するべきものではありません。

 

 

  • 食事
  • 睡眠
  • 運動
  • 排泄
  • ストレス

 

5大要素を最適化することを避けて通って、美容と健康のことを語ることはできないのです。これらの要素を最適化して得られる恩恵は計り知れません。ニキビ以外のありとあらゆる問題の予防と解決につながることは、医療・健康のプロならだれもが知る事実なのです。

 

 

ですから食事も大事です。『美容皮膚科医が教える 美肌をつくるスキンケア基本ルール (PHPビジュアル実用BOOKS)』にはこうあります。

抗酸化作用のある食品を摂り、肌老化を防ぐ

抗酸化作用とは、体内の活性酸素を除去する働きのこと。活性酸素は反応性の強い酸素の一種で、さまざまな体内の活動にともなって副産物として生まれるもの。有効な働きももつのですが、増えすぎると体内で細胞を傷つけ、老化を促したり、がんの原因となったりするといわれています。肌にとっても、シミやシワなどの肌老化を促し、肌荒れ、ニキビなどを引き起こす原因に。

 

抗酸化作用のある食品は色々ありますが、ビタミンの中で最も抗酸化作用が強いのは『ビタミンACE(エース)』です。

 

  • ビタミンA
  • ビタミンC
  • ビタミンE

 

ですね。それについての詳細は下記の記事にまとめてありますので、併せてご確認ください。どんな食品に含まれているかということを記載しています。

 

 

先生

木を見て森を見ず、対症療法だけやって根本治療をしないなんて、本末転倒だからね!
たしかに!

ハニワくん

色素にこそ、老化防止作用、抗がん作用、抗酸化作用がある

『食事のせいで、死なないために[食材別編]―スーパーフードと最新科学であなたを守る、最強の栄養学』にはこうあります。

野菜の中では緑色野菜が、果物の中ではベリー類がもっとも健康によいのは、おもに植物色素の働きによる。緑色の植物の葉には葉緑素(クロロフィル)が含まれ、活発な光合成を引き起こす。そのとき産生される高エネルギー電子の働きを抑制する為に、緑色植物には抗酸化物質がたくさん含まれている。(中略)では赤玉ねぎと白玉ねぎでは、どちらのほうが抗酸化物質を多く含んでいるだろうか?答えは一目瞭然、調べるまでもない(実際に、赤玉ねぎは白玉ねぎよりも高酸化力が76%も高く、黄玉ねぎはその中間だ)(中略)だから、いちごは赤みがなるべく強いものを、ブラックベリーは黒々としているものを、トマトは真っ赤なものを、ブロッコリーは緑色が濃いものを、選んで買おう。色素にこそ、老化防止作用、抗がん作用、抗酸化作用があるのだから。

 

わかりやすいのはこの本の言うように、『色素にこそ、老化防止作用、抗がん作用、抗酸化作用がある』という考え方で、なるべく色鮮やかな野菜や果物を食べるということが大事ですね。

 

 

各食材の抗酸化物質

キウイ ポリフェノール
緑色野菜 クロロフィル
赤いパプリカ カプサンチン
アセロラ アントシアニン
アボカド β-カロテン
イチゴ アントシアニン
ザクロ アントシアニン、レスベラトール
夏ミカン オーラプテン
みかん β-クリプトキサンチン
バナナ ポリフェノール
ベリー類 アントシアニン
マンゴー エリオシトリン
リンゴ(皮) アントシアニン
リンゴ(青) クロロフィル
リンゴ(果肉) フラボノイド
レモン エリオシトリン

 

ニキビに効くフルーツ一挙公開!『アセロラ、キウイ、バナナ、アボカド、レモン、イチゴ、みかん、ザクロ』!

 

ビタミンACE(エース)以外にもこれだけの抗酸化物質があります。色鮮やかな野菜や果物をベースにして、活性酸素が増えるような食事をとらないことが大事です。

 

先生

野菜や果物を摂ることは常に推奨されるけど、知識を入れれば入れるほど、その意味と重要性を理解できるようになるね!
たしかに!

ハニワくん

肉食の弊害とは

レオナルド・ディカプリオやブラッド・ピット、トム・クルーズ、マドンナ、カルロス・サンタナ、などの有名人は加齢を抑えるためにも肉食はしていないそうです。獣肉には動物が排泄するはずだった老廃物を含んでいるので、それによって老化が進んでしまうからですね。

 

STEP.1
肉を食べる
 
STEP.2
動物が生前溜めていた老廃物を摂取する
 
STEP.3
老化が促進される
 動物性たんぱく質につき腸内に悪玉菌が増える。

 

 

悪玉菌が増えれば活性酸素が増えると先ほど出てきましたよね。それに、『動物が生前溜めていた老廃物を摂取する』という行為は、『負荷がかかるもの』です。また、高脂肪・高カロリー食も負荷がかかりますよね。胃や内臓に負担がかかり、『胃が重い』などと言ったりすることがありますが、消化に悪いものを食べるだけでも『負荷がかかる』のであり、『負荷=活性酸素』と考えたとき、なるべくこういう食事も避けたいのです。

 

心身に悪い影響を与えるもの
  • 高脂肪食品
  • 高カロリー食品
  • 食品添加物
  • 人工着色料
  • 調味料
  • 保存料
  • 精白されたもの
  • etc.

 

 

先生

この情報はすごいね!だけど、肉を食べないと食べないで問題があるって言う専門家もいるんだ!このあたりは難しい問題だね!
うーむ!

ハニワくん

鶏むね肉にあるイミダペプチドのずば抜けた実力

ただ、肉の中でも活性酸素対策として推奨される肉があります。『なぜあなたの疲れはとれないのか?――最新の疲労医学でわかるすっきり習慣36』にはこうあります。

鶏むね肉が疲労回復に最適な理由は、鶏むね肉にはイミダゾールペプチド(以下、イミダペプチド)という成分が含まれているからです。

(中略)私たちは一般に疲労回復にいいといわれていた成分、たとえばタウリン、カフェイン、ビタミンC、カルニチンなど合計23種類を調べました。その結果、明確に疲労及び疲労感の両方に効果があると言える物質が4つ見つかりました。クエン酸、コエンザイムQ10、リンゴポリフェノール、そしてイミダペプチドです。唯一客観的なデータとして、疲労に対する効果が実証されたのはこの4つだけです。中でも疲労対策として高い効果があり、しかもダントツで打開効果を示したのがイミダペプチドでした。

 

  • タウリン
  • カフェイン
  • ビタミンC
  • カルニチン
  • クエン酸
  • コエンザイムQ10
  • ポリフェノール
  • イミダペプチド

 

等の様々な『有効と言われる成分』を調べたところ、有効だと判断されたのが、

 

  • クエン酸
  • コエンザイムQ10
  • ポリフェノール
  • イミダペプチド

 

の4つでした。そしてその中で断トツだったのが、鶏むね肉に含まれる『イミダペプチド』だったんですね。イミダペプチドには脳内で暴れまわる活性酸素を無力化して、酸化ストレスを軽減する効果があります。しかもこの抗酸化作用が長く続くのです。例えばコーヒーなどに含まれる『クロロゲン酸』にも抗酸化作用がありますが、その持続力はわずかです。それに比べてイミダペプチドは、

 

  • 抗酸化作用
  • 持続時間

 

その両方で断トツの高い効果を発揮するのです。ですから例えば、下記のようなレシピがいいわけです。ブロッコリー自体に豊富なビタミンCと、緑色野菜のクロロフィルという抗酸化物質が含まれていますからね。

 

鶏むね肉とブロッコリーのレンジ蒸し 、 電子レンジ加熱時間の目安


 

ニキビに効く野菜を一挙公開!『パプリカ、パセリ、かぼちゃ、ニンジン、ブロッコリー、モロヘイヤ、アロエ』!

 

活性酸素を食事から対策するとしたら、

 

  • 色鮮やかな野菜や果物
  • 鶏むね肉
  • クエン酸

 

を意識して摂るようにしましょう。

 

『納豆、玄米、梅干し』がニキビに効く?ナットウキナーゼや整腸作用等の豊富な栄養素に注目!

 

活性酸素対策として5大要素を最適化することは、あらゆる美容と健康の維持・向上につながっています。決して軽んじることのないようにして、しっかり対策していきましょう。それは、先進国で利便性を得て暮らす権利を持っている人間の、義務と言えるでしょうね。

 

先生

クエン酸よりも強い効果があるイミダペプチドの力はすごいね!これでますますサラダチキンは売れるよね!
うーむ!

ハニワくん

 まとめ✔
  1. 『自然に沿った生き方』を熟考する。
  2. ニキビというものは、飲み薬や塗り薬で対症療法的に、『できたら薬を飲む』という考え方で対応するべきものではない。
  3. 食生活を含めた『5大要素』を見直し、なるべく自然に沿った生き方をすることが求められる。
  4. 抗酸化作用のあるビタミンACE(エース)を摂ることはニキビ治療にとても有効。
  5. 色鮮やかな野菜や果物をベースにして、活性酸素が増えるような食事をとらないことが大事。
  6. 世界のセレブは加齢を抑えるためにも肉食はしていない。
  7. 肉食で悪玉菌が増えれば活性酸素が増える。
  8. 鶏むね肉にあるイミダペプチドには脳内で暴れまわる活性酸素を無力化して、酸化ストレスを軽減する効果があり、しかもこの抗酸化作用が長く続く。
  9. 活性酸素対策として5大要素を最適化することは、先進国で利便性を得て暮らす権利を持っている人間の、義務。