名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

坂本龍馬 名言/格言

坂本龍馬

 

坂本龍馬とは(画像

日本革命家。坂本龍馬は1835年11月15日に土佐藩の下級武士、坂本家の次男として生まれました。商家出身のため武士階級は低い坂本家でしたが、多額の財産を蓄えていたため龍馬は非常に裕福な家庭で育ちました。

 

幼い頃の龍馬は落ちこぼれでしたが、剣術道場に通うようになって大きく成長します。剣術の修行のために訪れた江戸では北辰一刀流に入門し、修行の末目録を与えられます。ただしこの目録は近年の研究で剣術のものではなく、薙刀のものであることが判明しています。しかし、剣術の腕に関しても道場で塾頭を務めるなど、優れていたという証拠も残されています。その傍ら、わずかの期間ですが、吉田松陰らを門弟に抱えた、思想家の佐久間象山の私塾にも入学しています。

 

1860年、龍馬の朋友であり、親戚でもある武市半平太が、武者修行のために門人の岡田以蔵・久松喜代馬・島村外内らとともに土佐を出立しました。NHKの大河ドラマでお馴染みのあのメンバーです。その後、江戸での修行の末、土佐に帰国した龍馬でしたが、1862年3月24日、吉村虎太郎や沢村惣之丞らと共に土佐藩を脱藩します。この時、姉の乙女に餞別として名刀「肥前忠広」を授けられたという逸話が残っています。脱藩後の龍馬は各地を渡り歩き、道中で出会った千葉重太郎と共に勝海舟の暗殺を企てますが、勝海舟と面会した龍馬は彼の話にいたく感銘を受け、門下生となります。

 

1866年の薩長同盟では、西郷隆盛大久保利通桂小五郎高杉晋作等の要人と会談。1867年には土佐藩を脱藩した浪士たちによる組織、海援隊を結成。運輸や開拓、投機に教育など、現代の株式会社に近い形態の幅広い活動を行い、薩摩藩などからの資金援助も受けました。同年11月には悲願であった大政奉還を実現しますが、その一ヶ月後、京都の近江屋で世に言う「近江屋事件」が発生、同席していた中岡慎太郎と共に坂本龍馬は何者かに暗殺されてしまいます。その命日は奇しくも誕生日と同じ、11月15日でした。

 

また、千葉一門の道場で剣術を学んだ龍馬は、後世の証言などから剣の達人だったとする説がある一方、剣術の皆伝書が現存しないため疑問視する説もあった。しかし、2015年10月、「北辰一刀流兵法皆伝」「北辰一刀流兵法箇条目録」「北辰一刀流長刀(なぎなた)兵法皆伝」-と書かれた秘伝巻物が見つかって、坂本龍馬が「北辰一刀流」の免許皆伝書を取得していた可能性が極めて高くなった。

 

坂本龍馬関連の書籍

 

 

 

スポンサーリンク

 

坂本龍馬の言葉


 

 

『世の人は、我を何とも言わば言え。我が成すことは我のみぞ知る。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

彼がやったことはまさしく『革命』である。『仲の良い同士で慣れ合う』のではなく、『仲の悪い同士をくっつける』ようなことをする。そして、『巨大な権力』にも歯向かっていき、ついには『下剋上』をも成し遂げる。

>>続きを見る

 

『日本を今一度洗濯致し申し候。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

日本初の株式会社『海援隊』を設立し、『薩長同盟』締結の立役者となり、江戸幕府を『大政奉還』まで追い詰めた坂本龍馬。

>>続きを見る

 

『恥ということを打ち捨てて世の事は成るべし。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

誰に何を言われようが、誰にどう見られようが関係ない。犬は犬で、猫は猫。犬が猫に憧れるのも、猫が犬に憧れるのも、無意味な妄想である。

>>続きを見る

 

『この数年は東奔西走の日々を過ごし、たまたま知人と出会っても、相手に迷惑がかかるので他人のふりをした。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『この数年は東奔西走の日々を過ごし、たまたま知人と出会っても、相手に迷惑がかかるので他人のふりをした。

>>続きを見る

 

『私が長生きすると思われても無駄なことだと思います。とはいえ、普通の人のように簡単には死にません。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

とはいえ、普通の人のように簡単には死にません。私が死ぬような日には、天下が大混乱となり、たとえ生きていても役には立たず、存在したとしても用がないような状態にでもならない限り、なかなかこすい嫌な奴で死にはしません。』

>>続きを見る

 

『人というものは短気を起こし、滅多やたらに死ぬものではない。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

短気を起こして争いを起こし、まるで癇癪玉のようにあっけなくはじけて死んでしまう。人間に限らず、命あるものの中にはこういう一生も稀ではない。

>>続きを見る

 

『銃を主要兵器とする場合、刀がなくともよいと考えるべきです。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『養子となる者へも伝えてほしいのですが、土佐で流行している長い剣は、すでに伝えているように一対一の喧嘩や、昔話の宮本武蔵の試合などには非常に向いているのですが、現代の戦場では無用です。

>>続きを見る

 

『志のある若者たちを50人も養おうとすれば、一人につきどうしても60両は必要となることから、利潤を求めなければなりません。』

 

カテゴリー:お金/資産

『天下のために働こうとして、土佐藩から一銭一文の資金も援助されることなく、 志のある若者たちを50人も養おうとすれば、一人につきどうしても60両は必要となることから、利潤を求めなければなりません。』

>>続きを見る

 

『人間の一生は、実になお夢のようだと思います。』

 

カテゴリー:人生/生死

『悲しむべきは池内蔵太のことです。9度も戦場に出て、常に配下の者たちを率いて戦い、一度も弾丸に当たらなかった幸運な者が、一度だけ私たちが購入したユニオン(ワイルウェフ号)という西洋式の船に乗ったところ遭難してしまいました。

>>続きを見る

 

『だいたい話と実際は違うものですが、戦闘では特にそういう傾向があります。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『兵法の智恵は、とりわけ稽古と実戦では違う。戦場では、万事あわただしいときであっても、法の道理を極め平静な心が保てるよう、よくよく吟味しなければならない。』

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP