『ヒト』を最適化しよう。

坂本龍馬『だいたい話と実際は違うものですが、戦闘では特にそういう傾向があります。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

剣豪、宮本武蔵は言った。

『兵法の智恵は、とりわけ稽古と実戦では違う。戦場では、万事あわただしいときであっても、法の道理を極め平静な心が保てるよう、よくよく吟味しなければならない。』

 

伝言ゲームはどうだ。なるほど、話は歪曲する。悪気の有無に関係ないのだ。そういうものなのだ。兵法も、聞いた話も、全て絶対的なものではない。相対的なものだ。ここを勘違いするマニュアル型の人間が圧倒的に多い。これを『台本(スクリプト)思考』と呼ぶ。撮影現場を面白くさせるのは、『アドリブ』だ。台本ではない。

 

いいんだ。アドリブで。流動しているのだ。それこそが台本(原則)なのである。だとしたら話も流動するのが普通だ。あるいは、状況、状況によって『カスタマイズ』する心構えが必要である。とある天才ピアニストは、

『音楽はその場その場限りの、オリジナルなものです。一度として同じ音楽を奏でることは無い。』

 

と言って、即興性の重要性を説いた。その発想の根幹にあるのは『アウラ』と呼ばれる要素だ。アウラというのは、『儚いからこそ、尊い価値が出る』という概念である。音楽。それに花火などがわかりやすい例だ。

 

 

我々は、常に揺れ動き、流動する世界を生きているのだ。一つとして固定されているものなどない。だとしたら逆に、そんな『アウラ性』を楽しんで生きるのが、正しく賢明な生き方だと言えそうだ。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。』

同じ人物の名言一覧

坂本龍馬の名言・格言一覧