『ヒト』を最適化しよう。

坂本龍馬『世の人は、我を何とも言わば言え。我が成すことは我のみぞ知る。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

彼がやったことはまさしく『革命』である。『仲の良い同士で慣れ合う』のではなく、『仲の悪い同士をくっつける』ようなことをする。そして、『巨大な権力』にも歯向かっていき、ついには『下剋上』をも成し遂げる。これだけの『出る杭』になれば、龍馬の言うように『なんとでも言え』という気概がなければ生き貫けない。その逆の、『慣れ合い』と『同調、追従』を選んだ方が、よっぽど『いい人』で終われただろう。暗殺もされなかった。

 

龍馬がやったことを現代で言えば、若干30代前半の人間が、メガバンクのM&Aの調印式の場を設けたようなものだという。そんなことを出来る人間がいるだろうか。しかも、世に言う『七光り』だったわけではないのだ。

 

調印式

 

セブン&アイ・ホールディングス代表取締役会長兼CEOの、鈴木敏文はこう言っている。

 

まずは、世の中を『生徒』だと思えるかどうかだ。歪曲した人間がこれを読むと『拝金主義』のねずみ講詐欺師や、『愚かな宗教』の教祖のようになってしまうが、使命に魂を燃やす本物の人間がこのことについて考えると、龍馬が生きた人生が、自分の血となり、肉となるだろう。たった一度のこの人生。誰の目を気にして生きていくつもりか。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

坂本龍馬の名言・格言一覧