『ヒト』を最適化しよう。

坂本龍馬『そのことは我が胸に成算がある。やろうと思えば、世に出来ぬことはない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

成算とは、『勝つ見込み』だ。

 

フランスのモラリスト、ラ・ロシュフーコーは言った。

 

逆に、なぜ『道はない』と思ったのか。

 

私の話だ。私の周りには、最初から、やる前から出来ないと決めつけて、足を引っ張り合ってばかりいる連中がうようよいた。身内にもいた。全然いる。そこら中にいる。私の事は大丈夫だ。関係ない。私を止められる人間などいない。いるならとっくのとうにその人に止められているわけだが、『その人』は一体どこにいるのだ。私の前に連れてきてもらいたい。いないから無理だが。

 

いくら怖い先輩でも関係ない。むしろ、『怖い』という発想はただの洗脳だ。本当に一線を越えたなら、警察に通報する。つまるところ、私を止められる人間などいない。さて、そうはいっても私がこの位置にまで来るのに、随分と時間がかかった。数えきれない葛藤もした。足も引っ張られた。逆に、引っ張ったこともあるだろう。だが、引っ張られたことの方が圧倒的に多かった。それは世の中が、『パレートの法則』で成り立つことを意味する。

 

世の中は往々にして、『80対20』で成り立っていることがある。当然8割の人達は、周りを見渡してすぐに見つかる、その人たちのことである。『たまたま近所にいた』というだけの人は、往々にしてこの8割の方に当てはまる。つまり、聞くべき意見ではない。正しい意見ではない、可能性が非常に高いのだ。

 

聞くべき意見とは、例えば『四聖』に数えられる、

 

孔子

孔子

ソクラテス

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

キリスト

キリスト

世の偉人たちの意見だ。

偉人

 

彼らの様な人間が周りにいるなら、それは恵まれている。彼らはここでいう2割の方にいる人たちだ。彼らの意見なら傾聴に値する。

 

例えばルソーは言った。

 

あるいは、岡本太郎はこうだ。

 

さて、足を引っ張った周りの人たちは、この様な意見と同じ線の上にある話をしていただろうか。していないなら、傾聴に値しないのだ。そういうことである。たとえもし、結果的にそれが達成できなくても、やる前から『無理だ』と決めつける人間よりは、果敢に挑戦した人間の方が、命を使い切ったに相応しい。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『思考の力を侮る人間は、人生に敗北する。』

同じ人物の名言一覧

坂本龍馬の名言・格言一覧