『ヒト』を最適化しよう。

坂本龍馬『この数年は東奔西走の日々を過ごし、たまたま知人と出会っても、相手に迷惑がかかるので他人のふりをした。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『この数年は東奔西走の日々を過ごし、たまたま知人と出会っても、相手に迷惑がかかるので他人のふりをした。父母の国を思わない者はいない。だが、望郷の思いを消し去ろうとしているのは、情に流されることにより長秘めていた志が無になることを恐れたからだ。』

 

『代償の法則』とは、何かを得るためには、何かを失う必要があるという法則である。例えば買い物だ。お金を失う代わりに、物を得る。そう考えるとわかりやすいだろう。

 

 

坂本龍馬は言った。

 

日本を今一度洗い直し、新たなる社会を創り出そうと言うのだ。そして、薩長同盟や大政奉還の為に尽力した。日本という国の制度自体を根底から変える。そんな荒療治をすることは、どれだけの『出る杭』となることだろうか。それは、龍馬が暗殺されてしまったことを考えただけでも浮き彫りになる。人間として生き、そして必ず死ぬこの運命の中で、人は一体、どれだけのことが出来、そしてどれだけのことをすれば悔いが残らないのだろうか。

 

NHK大河ドラマ『龍馬伝』で、龍馬の父が死に際に遺した言葉が、私の耳に焼き付いて今も離れない。

『龍馬、生きている間に、命を使い切れ。』

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

坂本龍馬の名言・格言一覧