名言を自分のものにする

広告

 

 >  >  >

 

岡本太郎『失敗したっていいじゃないか。不成功を恐れてはいけない。人生の大部分の人々が成功しないのが普通なんだ。』

岡本太郎


日本芸術家 岡本太郎画像

 

名言の意味を考えて、偉人の知恵を自分のものにしよう!


 

 

考察


『夢に賭けても成功しないかもしれない。そして、そのとき、ああ、あのとき両親のいうことを聞いておけばよかったと悔やむこともあるかもしれない。

 

でも、失敗したっていいじゃないか。不成功を恐れてはいけない。人生の大部分の人々が成功しないのが普通なんだ。』

 

そもそも、『前に進むこと』は『成功』なのだろうか。なぜ前に進むのか。前に、何があるのか。それが正しいという、確証はどこにあるのだろうか。

 

核爆弾は?

 

あの発明はどうなんだ。あれは『前進』?それとも『後退』?

 

 

フランスの哲学者、サルトルは言った。

『我々はつねに自分自身に問わなければならない。もしみんながそうしたら、どんなことになるだろうと。』

 

 

 

  • 関連ページ▼
  •  

    スポンサーリンク

     

    岡本太郎の言葉を自分のものにする



    悪気の有無に関係なく、前進したことで逆に後退してしまうというパラドクス(逆説)がある。だとしたら、『その道を前に進む』ことは、正しいのか。間違っているのか。

     

    『聖戦』は?

     

    テロリズムだ。

     

    あれはどうだ。あの道は、どうだ。あの道を前に進めることは、どうだ。

     

    世界がわかる宗教社会学入門』にはこうある。

     

    ───▼

     

    宗教には、テロリズムのイメージがある。宗教とテロは関係性が強いのか。これはもちろん誤解で、実際はテロリストが宗教を口実にしているだけ

     

    ───▲

    だとしたら『詭弁』か。『その道を前に進む』ことは、宗教(正義)の 『援用』か。

     

    では、『正しい道』とは何だ。どの道を進むことが、正解なのだ。いろいろと思慮を張り巡らせていると、その内混乱し、何もできなくなってくる。

     

    だが、人を殺す、子供をさらって売る、武器麻薬を密造して売る、環境を破壊する、これらの『道』は、恐らく『進んではいけない道』だ。なぜならその延長線上には、『虚無の惑星』しかない。

     

    『人』がいないのだ。動物もいないし、森林も無い。

     

    そんな虚無の惑星を目指して、人は進むのではないのだ。

     

    だとすると、『進むべき道』がある。

     

     

    『その道の範囲内』なら、前に進んでもいいのだ。

     

    しかし、どの道がその『範囲内』なのかがわからない。だから親だって、安牌を切るように助言したのだ。

     

    だが、アメリカの作家、ヘンリー・ミラーは言った。

    『安全な道を求める人は、痛みを与えることのない義手義足に取り替えるために、自分の手足を切り離す人の様なものである。』

     

    あるいは、グレース・ハンセンは言った。

    『人生が終わってしまうことを恐れてはいけません。人生がいつまでも始まらない事が怖いのです。』

     

    かといって、前に進まなければ、人生が始まらないのだ。人間は、前に進まなければならないのだ。

     

     

    そうでなくても死ぬんだ。だとしたら、『前に進む』のは、『矜持』だ。

     

    いいんだ。

     

    失敗したって。

     

    その道を歩くことが成功か失敗かなんて、誰にも決めることは出来ないのだ。

     

    岡本太郎はこうも言った。

    『私は、人生の岐路に立った時、いつも困難なほうの道を選んできた。』

     

    『その道』に確信を覚えたのなら、その道をひた歩くべし。

     

     

     

     

    ※この文章は全てオーナー独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

    著者:一瀬雄治 (Yuji Ichise)

     

    シェア


     

    スポンサーリンク

     

    関連する黄金律

    黄金律

    この言葉に関連する『38の黄金律』。この名言と同じ的を射た他の名言があります。

     

     

     

    9.『他と違うことは恥ではない。誇りだ。

    他と異なることで迷うことなど何もない。元より、唯一無二の命なのだ。例えば、それだけでそこには競争優位性がある。


    >>続きを見る

     

    10.『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。

    生命が、その命を度外視してなし得ることは、尊い。


    >>続きを見る

     

    11.『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。

    自分のこの命を何と心得る。この広漠とした果てしない宇宙、過去、未来永劫という甚大な規模において、唯一無二なのだ。


    >>続きを見る

     

    12.『『生きる』ということの本当の意味とは。

    『生きる』というのは命の躍動だ。命の浪費ではない。


    >>続きを見る

     

     

    関連する記事

    黄金律

    『人生は儚い。だが、だからといってそれがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。儚いからこそ尊いのだ。』

     

    黄金律

    『我々は『たった一度の人生を生きている』のだ。』

     

     

    黄金律

    『よいお年を?違う。悔いのない人生を。』

     

     

    黄金律

    『このたった一度の人生で、悔いが残らないと心底から思える道を知っているのは、この世でたった一人だ。』

     

    黄金律

    『この世に決まったレールなど最初からない。あるのは地球だ。そして命の日数だ。その中でどう生きるかだけだ。』

     

    黄金律

    『我々は、老年になる為に生きているのではない。命を使い切る為に生まれたのだ。』

     

     

     

     

    岡本太郎『失敗したっていいじゃないか。不成功を恐れてはいけない。人生の大部分の人々が成功しないのが普通なんだ。』


    スポンサーリンク

     

    当サイト最重要記事

    黄金律

    8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

     

    黄金律

    『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

     

     

    偉人の名前や名言を検索

     

    おすすめ関連記事

     

     

    ↑ページの上部へ

     

    岡本太郎関連の書籍

     

    同じ人物の名言


    『私は、人生の岐路に立った時、いつも困難なほうの道を選んできた。』

     

    『僕は流れるって感じが好きなんだ。固定したものは全然つまらない。人生だってそうだろう?いつも流動的で、何が起こるかわからない。だから面白いんだ。』

     

    『手なれたものには飛躍がない。常に猛烈なシロウトとして、危険をおかし、直感に賭けてこそ、ひらめきが生まれるのだ。』

     

    『決意の凄味を見せてやるというつもりで、やればいいんだよ。』

     

    『いままでの自分なんか蹴トバシてやる。そのつもりで、ちょうどいい。』

     

    『安易な生き方をしたいと思ってしまったときは、そんな自分を敵だと思って闘うんだ。結果が悪くても、自分は筋を貫いたんだと思えば、これほど爽やかなことはない。』

     

    『僕は口が裂けても諦めろなどとは言わない。それどころか、青年は己の夢にすべてのエネルギーを賭けるべきなのだ。勇気をもって飛び込んだらいい。』

     

    『自分自身の生きる筋は誰にも渡してはならないんだ。この気持ちを貫くべきだと思う。』

     

    『持って生まれた性格は、たとえ不便でも、かけがえのないその人のアイデンティティなんだから、内向性なら自分は内向性なんだと、平気でいればいい。』

     

    『友達に好かれようなどと思わず、友達から孤立してもいいと腹を決めて、自分を貫いていけば、本当の意味でみんなに喜ばれる人間になれる。』

     

    『自分をぶっ壊してやろうというつもりで、そのくらいの激しさで挑まなければ、いままでの自分を破壊して、新しい自分になることはできない。』

     

    『生涯を通じて、瞬間瞬間の危険に賭けるのが真の人間の在り方だと思う。』

     

    『我が人生、他と比較して自分を決めるなどというような卑しいことはやらない。ただ自分の信じていること、正しいと思うことに、脇目もふらず突き進むだけだ。』

     

    『僕だってしょっちゅう行き詰っている。行き詰った方が面白い。それを突破してやろうと挑むんだ。もし、行き詰らないでいたら、ちっとも面白くない。』

     



    広告

     

    ↑ PAGE TOP