『ヒト』を最適化しよう。

岡本太郎『私は、人生の岐路に立った時、いつも困難なほうの道を選んできた。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

岡本はこうも言う。

『危険だという道は、必ず自分の行きたい道なのだ。』

『僕はいつでも最低の悪条件に自分を突き落とす。そうすると逆にモリモリッと奮い立つ。自分が精神的にマイナスの面をしょい込むときこそ、自他に挑むんだ。駄目だ、と思ったら、じゃあやってやろう、というのが僕の主義。最大の敵は自分なんだ。』

 

困難な道を避けて通る気持ちはわかるが、冷静に考えたい。平坦な道を歩くことは、『想像』できないのだろうか。簡単に想像できるはずだ。何しろ今までの人生で、幼少のころなどを思い出しても、すぐに同じような道を歩いた経験を思い出せる。つまり、もし想像できるならもうそこで、つまり想像上で、一度『歩いた』ことにならないだろうか。私なら同じ道を二度歩くことを避けたい。何しろこの人生は無限ではなく、有限だからだ。

 

セブン&アイ・ホールディングス代表取締役会長兼CEOの、鈴木敏文はこう言っている。

 

困難に見える道は、『困難に見えているだけ』だ。登山をした人は皆知っている。別に、登ってしまえば、なんてことはない。もちろん、絶対に自然を舐めてはならない。山を舐めたらひどい目に遭うだろう。山が厳かであればあるほど、命を落とすこともある。だが、どちらにせよどうせ死ぬのだ。最初からこの人生は一度しかない。一度しかない登山で、道が二手に分かれ、楽な道と困難な道を選ぶことになれば、どちらを選べば『命を使い切った』と思うだろうか。『道の選択』で問われるのはそういう問題だ。

 

登山

 

例えば、剣を振り落されたとき、背中を向けてそこから逃げるのではなく、実は思い切って相手の顔に踏み込んだ方が、斬られなくて済むということがある。むしろ逃げたら、剣の間合いにちょうど入って、ズバッと思い切り斬られてしまうのだ。

 

楽な道は、背中を向けて逃げる選択肢を選んだ道だ。それなら勇気を振り絞る必要はない。本能に任せて、いつも通りだらだらと、反応的に、私利私欲に身を任せ、あるいは自己防衛という名の下に、敵に背中を向けて泣き叫んで逃げればいいだけだ。しかし、その道を選んだとしても、生き延びれるかどうかはわからないのだ。そう考えると困難な道とは、人生を全うするために避けて通れない道なのかもしれない。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

岡本太郎の名言・格言一覧