『ヒト』を最適化しよう。

岡本太郎『恐怖感は自分一人でなく、これは人類全体の運命なんだと思って、取り組んでいけば、以外に救われるんじゃないか。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

『人間として生まれてきた以上、恐怖感があるというのは、むしろ自然なことなのだ。これから文明がさらに発達するにつれて、恐怖感を持つ人はもっと増えてくると思う。恐怖感は自分一人でなく、これは人類全体の運命なんだと思って取り組んでいけば、以外に救われるんじゃないか。』

 

高い絶壁に立ち、下を見下ろすと足がすくむ。『正解』だ。一つ間違えれば命を落とす。それが本能に植えついているのだ。尖った物を見ると、恐怖を覚える。それも『正解』だ。それも本能に植えついている。

 

ただ、『本能』と言うが、実は私は10代前半辺りまでは、この『高い場所』も『尖ったナイフ』も、別に怖くなかった。高い電波塔の様な場所があったら、いつも周りが怖がる中、私はスラスラと上に登ったものだった。ナイフも、『剣、ソード』の様な、ゲーム世代の自分にとっては、別に『怖い』という印象ではなかった。むしろこれらの要素に触れるとき私は、興奮していたし、楽しかった。

 

だが時は流れ、多くの人が死んだニュースが、耳に入るようになってきた。事実、自分の周りで『尖った物』での事件も起きて、その物へ定着するイメージの形容が変わっていったのだ。今でも、別に『怖い』ということはない。だが、『怖さ』を知ったという面では、当時とは違った形容のイメージを抱くようになったわけだが、この感情の変化を一通り考えてみた時、『形容が変わった』というよりも、『思い出した』という方が、しっくり来る表現方法だという風に捉えることが出来る。それは例えば、学者たちの意見や、読んだ本の影響かなにかも関係しているだろう。

 

 

『無痛症』の人がいる。しかし、『後の体質は他の人間と同じ』なわけだ。彼らは、スネをどこかに思い切りぶつけても、痛みを感じない。尖った物に腕を突き刺しても、痛みを感じない。だが、彼らには骨があり、血があり、肉がついているわけで、それを損傷、喪失すると、命を落とすのである。そう考えると『自己防衛本能』とは、人間が、その要素を崩さないように生きていくために、必要不可欠な本能のこと。その恐怖心があるからこそ、自分がそれまで人生を生き延びることが出来たと考えれば、自分を『臆病者』と卑下して塞ぎ込むことはなくなるだろう。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『アウトサイド・インではない。インサイド・アウトだ。』

同じ人物の名言一覧

岡本太郎の名言・格言一覧