『ヒト』を最適化しよう。

ブルーライト(テレビ・スマホ・PC)は睡眠に悪影響で、脳腫瘍やガンのリスクも上げる?有効な対策とは

ブルーライトは睡眠に悪影響?

はい。睡眠に悪影響で、脳腫瘍やガンのリスクも上げる可能性があります。

ブルーライトはメラトニン等のホルモン分泌に影響を与え、睡眠の質に影響を与えてしまうのです。また、『液晶画面が小さい機器ほど光の設定が強め』なので、テレビ・スマホ・PCの中ではスマホが一番ブルーライトの弊害が大きいと言えます。メラトニンは抗がん作用もある重要なホルモンなので、これら電子機器のブルーライトによってメラトニンの分泌が阻害されると、睡眠の妨げになるだけじゃなく、ガンにかかるリスクも上がります。更に、10代のときから携帯電話を頻繁に使用していると、大人になってから脳腫瘍になる確率が4~5倍高くなるとも言われています。

先生

ブルーライトカット眼鏡をするだけでも全然違うからね!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

記事の詳細を見ずに他の関連記事を探す

ストレスは不眠の原因になる?どんな対策を取ればいいか睡眠不足が原因で病気になる?良質な睡眠で『癌、認知症、うつ病』等のリスクを下げよう目覚ましにスヌーズ機能は逆効果?目覚まし時計の賢い利用方法とは睡眠時にマスクをすることのメリットとデメリット就寝前のストレッチやヨガは快眠効果があるが『運動』は逆効果!

SNSでこのカテゴリーの知識を強化する

その他のカラダ系記事を見る

  1. 食事・ダイエット
  2. 薄毛・育毛
  3. ワキガ・体臭
  4. ニキビ・肌荒れ
  5. 口臭・歯周病
  6. 便秘・デトックス
  7. ストレス・血流
  8. 入浴・冷え
  9. 細菌・ホルモン
  10. その他

今回の詳細記事の目次

  • 快眠のためのライトマネジメント(光の管理)
    • 寝るときの部屋の照明
    • 電子機器のブルーライトは睡眠の妨げ
    • これを逆に利用して朝の目覚めに使う手も
    • 光によるダメージは『量×時間』に比例する
    • 液晶画面が小さい機器ほど光の設定が強め
    • オンラインゲームで興奮することの弊害
    • 寝る直前のゲーム、スマホ、PCの注意点
    • 電子機器は深い睡眠の妨げになる
    • スマホがガンのリスクを上げる?
    • 脳腫瘍になる確率が4~5倍高くなる
    • 『病気にならない生き方』とは
1 2 3 4