『後悔したくない方』はこちら

ワキガと加齢臭の違いは?加齢臭の原因であるノネナールとはなぜ発生するのか

ワキガと加齢臭の違いは?

ワキガはアポクリン腺と細菌が原因で、加齢臭はそうではありません。

 

パルミトオレイン酸と過酸化脂質が反応して酸化・分解され、ノネナールが発生することが原因です。ノネナールが発生する理由は、加齢によって皮脂腺の中に、

 

  • 過酸化脂質
  • パルミトオレイン酸

 

が増加します。その2つが結びつき、分解、酸化されてノネナールができます。したがって、

 

  • 肉食
  • 煙草
  • お酒
  • 運動不足
  • ストレス

 

といった問題を最適化すれば、ノネナールの発生を抑制することができます。

先生

アポクリン腺があるかどうかが大きなポイントだね!加齢臭対策としてノネナールの発生を防ぐ対策をすれば、かなり健康な生活を送れるよね!
更に詳しく知りたい人は、以下の記事を見るっす!

ハニワくん

記事の詳細を見ずに他の関連記事を探す

運動不足がワキガ臭を悪化させる原因となる?ニオイ対策がわかれば運動も怖くない!タバコは体臭やワキガの原因になる?ワキガのセルフチェック!ワキガ診断をしてみよう!お酒(アルコール)は体臭やワキガの原因になる?緑茶はワキガ対策として有効?ワキガの原因はストレス?健康的な生活でどこまでワキガが改善するのか

SNSでこのカテゴリーの知識を強化する

その他のカラダ系記事を見る

  1. 食事・ダイエット
  2. 薄毛・育毛
  3. ワキガ・体臭
  4. ニキビ・肌荒れ
  5. 口臭・歯周病
  6. 便秘・デトックス
  7. ストレス・血流
  8. 入浴・冷え
  9. 細菌・ホルモン
  10. その他

今回の詳細記事の目次

 

1 2 3 4 5 6