『ヒト』を最適化しよう。

ヴォルテール『人は、刃物をふりかざさなければ、この世で成功せず、しかも、死ぬときは手に武器を握って死ぬのだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

これをまずそのまま『戦国時代』の様子を思い浮かべて解釈すると、確かにその時代、そうして戦を繰り返し、地域を占領し、支配下を増やし、力ある者が、富と地位を築いた。そして、戦で命を落とした人間は大勢いて、彼らの手の中には剣や弓が握りしめられていたのだ。では、現代に当てはめて考えてみたらどうだろうか。現代では、もちろん近隣国同士の争いや、テロリズムはあるが、もう、世界大戦という規模の戦は行われていないわけで、

 

アインシュタインも、

 

と言ったように、むしろ次に大戦が起きてしまったら、地球は終わりである。だとしたら、人々は必ずしも、刃物を振りかざす時代に生きていることにはならない。だが、これがもし、私の恩師が言ったような、

『厳しくなければ生きていけない。でも、優しくなければ生きる資格はない。』

 

という前者、つまり『厳しい人格を備え持つ』という要素を『刃物』だと言っているのであれば、確かに現代社会は、その通りだ。世を渡るときは、時にそうした『自分の本心以外の要素』を振りかざさなければならない場面がある。それは文字通り『自分の肉体・本心』ではないわけで、だとしたらそれは『道具』とも捉えられ、その中で、時に人を傷つけることもあるかもしれない『刃物』と表現することは、いささか、腑に落ちる表現となるわけである。

 

そのうちの代表的要素は、『金、権力、見栄、虚勢』であり、確かにそう考えた時、人はこれらの『本心(本質)とは違う要素』を振りかざし、積極的に攻めていかなければ『成功(群を抜いて突出)』せず、それは、こうして冷静に考えてみると、とても虚しい行為だ。命が燃え尽きるその瞬間まで、それらの外部要素に支配され、生きていく虚しさ。そこに、唯一無二の命としての矜持があるかどうか、自問させられるのである。

 

ソクラテスや、

ソクラテス

ブッダ

ブッダ

 

彼らの様に、それとは真逆の人生を生きた人間もいるのだ。人間の真の生き方とは、どういう生き方だろうか。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

運営者

もう一つ、偉人クイズや歴史クイズを展開するSNSもあります。

関連する黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

ヴォルテールの名言・格言一覧