『後悔したくない方』はこちら

岩渕克郎『一日は短い単位の一生、一生は長い単位の一日。一日を一生の如く真剣に生き、一生を一日の如く気楽に生きたい。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

高邁な作家、アニー・ディラードは言う。

 

あるいは、孔子は言う。

 

岩淵克郎この言葉にも、随分大きな影響を与えられたものだ。

 

例えば古代ローマの詩人、ホラティウスが、

 

と言う様に、人生はいつ、終止符を打つことになるか予想がつかない。しかし、だからといって岩淵克郎の言う言葉の逆を生き、『一日を刹那的に生きる』ということをすれば、人は人生に悔いを残しかねない。なぜなら、孔子の言う様に、『人生とは一瞬ではなく、一生』だからである。その後も人生は、往々にして続くからである。建設的なら次につながるからいいが、刹那的ならその場ですぐに消えてなくなる。その生き方はまるで、『人生が一瞬である』と見間違い、後でツケを払う思慮浅い生き方に似ている。アニー・ディラードの言う様に、『そんな思慮浅い一日』など、誰にでも過ごすことが出来る。だとしたらそこに、『意志』はない。

 

ルソーが言う様に、

 

からである。イチローは言う。

 

登山と同じ。つまり登山のことで言うならば、

『三笠山に登る一歩、富士山に登る一歩、同じ一歩でも覚悟が違う。どこまで行くつもりか、どこまで上るつもりか、目標が、その日その日を支配する。』

 

ということなのである。登山の一歩は確かに大変だ。脚も棒のようになり、天候も読めないし、酸素も薄くて頭痛がすることもある。だが、そこは気楽に行こうではないか。それが登山(人生)だと言うならば、それを楽しむことが出来れば、それは『成功者』だ。私は『成功者』という言葉が嫌いだが、ここで使うのはいいだろう。

 

登山

 

確かに、この山を登ったところで、得られるものなど『圧倒的な絶景』だけだ。だが別にいいじゃないか。そこは気楽に行こう。だとしたら最高に大変な思いをして、最高の絶景を見て死んでやる。そんな人間の健気な心構えは、何だかとても感動する。我々がこの一生で出来ることなど限られている。だが、だからといって、それがくよくよと下を向いて生きていく理由にはならない。

 

 

MEMO
※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
Twitterにて、名言考察トレーニングを実施しております。ぜひお気軽に参加してみてください。真剣に考えた分だけ、偉人の知恵が自分のものになります。

運営者

関連する『黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』