Contents|目次

近藤勇『忘れてはならぬものは 恩義』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

恩義とは、人から受けた恩に対する感謝の気持ちを忘れない心である。それを忘れたら最後、そこに残るのは自分の力を過信した、思い上がった空虚な人間の肉体である。何から何まで、自分の力一つでやり遂げ、成し遂げたつもりでいるのだ。人間というものは、たとえ不遇の時代を経験し、どれほどの辛酸を舐めたとしても、むしろ『その環境』こそが自らの奮起させる発奮材料、つまりエネルギー源になっていることを、思い知る必要があるということだ。

 

それがなければ、そのエネルギーは捻出されなかった。だとしたら、自分という要素が成り立っているのは、自分以外の環境の影響が極めて大きいのである。甚大と言っていい。ましてや、『恩を受けた』という明らかな外部要因に対しては、もはや、今の自分の要素を維持出来ていることとそれが無縁ではないことは、疑いようのない事実。恩を仇で返すことなど論外で、恩義に対しては忠誠を誓わなければならない。それは、自分自身の生きる道で、確実な方向に一歩前進させるために、必要不可欠な要素なのである。その要素をおろそかにした『歩く道』など、大した道ではない。その道の到達地点は、知れているのである。

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

ゴッホ『愛は永久不滅なもの。姿かたちを変えることはあるが、本質は決して変わらない。』 アウレリウス『未来を思い煩うな。必要ならば、君は今現在のことに用いるのと同じ理性をたずさえて、未来のことに立ち向かうであろう。』 ボナール『生活の術とは、何もかもなくしてしまいながらも、すべてを迎え入れる事が出来る術を学ぶ事である。』

 

関連する『黄金律

『真の礼儀とは。』

同じ人物の名言一覧

近藤勇の名言・格言一覧