『ヒト』を最適化しよう。

老子『禍福は糾える縄の如し。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

災いと幸福は、縄が編まれる様に交互になって、訪れる。だから今、幸福だからと言って自惚れている暇はないし、不幸だからと言って落ち込んでいる暇はないのだ。

 

アリストテレスは言う。

 

そして、渋沢栄一は名著『論語と算盤』で『得意時代と失意時代』という概念について書いている。

およそ人の禍は、多くは得意時代に萌すもので、得意の時は誰しも調子に乗るという傾向があるから、禍害はこの欠陥に食い入るのである。ならば、得意の時だからといって気をゆるさず、失意の時だからとて落胆せず、平常心を保つことを意識することが重要である。

 

これはまさに老子の言葉が示す通りのことである。まるで、春夏秋冬の四季の如く、寒さに震えて太陽の暖かさを知り、腹を空かせて食事の有難味を覚え、仕事で労苦して達成の喜びに浸り、悩みをくぐって命の尊さを悟る。それが人間の、人生のリズムなのである。

 

リズム

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。』

同じ人物の名言一覧