『ヒト』を最適化しよう。

老子『多聞なればしばしば窮す。中を守るに若かず。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

経営の神、松下幸之助は、

『今日、よく耳にする言葉に「インテリの弱さ」ということがある。これは、インテリには、なまじっかな知識があるために、それにとらわれてしまい、それはできないとか、それはどう考えても無理だと思い込んでしまって、なかなか実行に移さないという一面を言った言葉だと思う。』

 

と言ったが、この老子の言葉も同じ的を射ていて、その、積み上げた知識の強固さを知っているが故に、それが『固定観念』とされて固定されてしまい、柔軟性を失い、判断を見誤ることがある。真の知者は、『無知の知』がある者だ。

 

ソクラテスは言った。

ソクラテス

 

つまり、ゲーテの言うように、

 

ということで、せっかく積み上げた堅固なる知識も、柔軟性がなければ単なる『重り』に過ぎないことを思い知りたい。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『知者?無知者?自分が振る舞っている人格はどっちだ。』

同じ人物の名言一覧