『ヒト』を最適化しよう。

老子『その光を和らげ、その塵に同ず。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

いくら自分に『光り輝く才能』があったとしても、それを理由に傲慢不遜になることは許されない。日本航空(JAL)が破綻した理由もそれだ。稲盛和夫がその再建に名乗り出た時、幹部の口から出た言葉は、よそ者、稲盛への揶揄たる批判だった。しかし、あの仏の様な顔をした稲盛は一喝したのだ。

 

あなた方幹部が、そういう態度だから破綻したのではないのか!?

 

JALは完全に『大企業病』だったのだ。確かに幹部たちは優秀な人材が揃っていた。だが、本当に優秀な人材なら、会社を破綻に招くようなことには導かない。そういうことだったのである。稲盛は、自身が培ってきた、

 

  • アメーバ経営
  • 京セラフィロソフィ(哲学)

 

によって現場の細部に息を吹き込み、経営の本質を徹底的に洗い直した。そして見事に息を吹き返したのだ。それが稲盛和夫という現代の経営の神がやってみせた偉業である。

 

飛行機

『凡才の集団は孤高の天才に勝る』という本がある。確かに、稲盛という人間は孤高の天才だった。何しろ、揶揄され批判され、そして負の温床に立ち向かったのだ。その風当たりは、生易しい物ではなかった。だが、その勇気を信じて行動したのは、JAL社員、一人一人なのである。その力を信じたのだ。それが、前述した稲盛和夫の『テコ入れ』なのである。

 

私は神だ。私に従え。

 

稲盛がそういう高慢な人間だったなら、どうして傲慢不遜の人間達が、耳を傾けるだろう。気持ちは必ず人に、伝わるのである。

 

また、織田信長は言ったが、

 

こういった傲慢さを持ったり、あるいは『宝の持ち腐れ』になることにも注意を払いたい。いくら名刀でも、手入れをしないで雨ざらしにしていたら刀の切れ味は悪くなる。生きている限り自分という刀を磨き続ける堅実な姿勢で、人生を生き貫きたい。

剣

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『この世に価値のない人間などいない。いるのは価値がわからない人間だけだ。』 『人間が転落するタイミングは決まっている。『得意時代』だ。』

同じ人物の名言一覧