『ナポレオンの言葉』を自分のものにしよう!

ナポレオン・ボナパルトとは(画像

フランス皇帝。イタリア貴族の血筋を持つナポレオンは、1769年8月15日にコルシカ島で生まれました。本名はナポレオン・ボナパルト。若き日にはフランスで一生を過ごすと決めて出家した経験も持ちますが、子供の頃からリーダーとしての才能を発揮するなど、のちにフランス革命を起こして皇帝となる素質は子供の頃にすでに開花していたようです。

 

長く続いた王政政治に終止符を打ち、フランス革命の後には自らが皇帝としてフランスを統治したナポレオンは、周辺国と戦争を繰り返しながら領土を確実に拡大していきました。全盛期にはイギリス以外のヨーロッパ大半を手に入れるほど広く勢力を伸ばしました。しかし、彼の軍事的独裁政治は市民から強く反感を買い、1803年にマミアン和約が破れたことをきっかけに始まったナポレオン戦争によって失脚し、セントヘレナ島へ流されて一生を終えました。彼の妻ジョゼフィーヌは浮気癖のある女性で、戦争や遠征で国を留守にしがちな夫の目を盗んでは浮気を楽しんでいたことでも知られています。

 

彼は数々の名言を残した人物としても多くの人に知られています。「私の事典には不可能という文字はない!」と言う名言は、どんなに困難なことに対しても果敢に取り組んで実現してきた彼の生きざまを一言に現したような言葉ですし、「不可能という言葉は、臆病者の幻影で、卑怯者にとっては避難所だ」と言う名言からは、軍人や皇帝として常に前だけを見て戦い続けてきた彼の人生を垣間見ることができます。

メニュー

内省記事一覧