『ヒト』を最適化しよう。(リニューアル中です…。)

『後始末では遅い。前始末をせよ。』

取り返しのつかない悲しい事件が起きた後に動き出しても、もう遅い。

この黄金律の至言

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)

 

簡潔に

ゴミを片付けないと虫が出る。虫が出る環境は、衛生面が悪い。ある衛生面が劣悪な環境で、とある人間が裸足で歩いて、ガラスの破片で足を切ってしまった。すると、そこからばい菌が入り込んで足がパンパンに膨れ上がって、重傷を患うことになってしまった。『そうならない為』に掃除をしているのだ。そうならない為に、日々清潔にし、メンテナンスをしているのだ。そうならない為に、入念な準備をしておくのだ。

 

例えばその人が、足を切断しなければならないことになったらどうだろうか。他の人にうつらない保証はあるのか。足の換えは効くのか。命の換えは、あるのか。

 

黄金律の実力を知るための記事

『流行という、透明なドラゴンのフレア。』

 

わかりやすいイメージ・ヒント

ヒント1
事故、事件が起きた後、そこに明らかに『人災』が認められたとき、人の心は納得するだろうか。本当にそのときが『最高到達地点』だと思うだろうか。
ヒント2
一度きりしかないとわかっていた試合に対し、何らかの言い訳をする人と、『考えられる全てを準備し、出し切った』という人がいる。では、どちらがその試合を重んじることが出来ているだろうか。それは、『人生』においても同じことである。

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)

 

同じ的を射た偉人(8)

政治家・リーダー(2)

 

哲学者・思想家(1)

 

クリエーター・アーティスト(1)

 

支配者・将軍・軍師・棋士(1)

 

アスリート・剣豪(1)

 

科学者・学者(1)

 

四聖(4)

 

 

・NEXT(更なる詳細を追求する)