Contents|目次

ビル・ゲイツ『ウォーレンは、もし何千年も前に生まれていたら、猛獣の餌になっているのがオチだと言う。だが彼は、株式市場があり、彼の市場に対する優れた理解が報われる時代に生まれた。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

その時代その時代に適した生き方があるのか。あるいは、生き方というものは不変的なものなのか。印象としては、不変的な生き方をする人間にこそ、生命としての矜持を垣間見る。それに比べて、時代に合わせて自分の生き方を臨機応変に変えるのは、賢く見える。だが、賢く見えるだけだ。矜持を垣間見ることは無い。

 

しかし、では『不変的な生き方』というのは何だろうか。『矜持』というのなら、日本に兼ねてからある『恥の文化』が隆盛を極めた時代、武士は、自らの腹を刀で引き裂く最期をよしとしていた。

 

また、新渡戸稲造の著書、『武士道』は、実にそうそうたる人物と照らし合わせ、その道について追及していて、奥深い。キリストアリストテレスソクラテスプラトン孔子孟子ニーチェエマーソンデカルト織田信長徳川家康豊臣秀吉、枚挙に暇がない。本にはこうある。

『武士道においては、名誉の問題とともにある死は、多くの複雑な問題解決の鍵として受け入れられた。大志を抱くサムライにとっては、畳の上で死ぬことはむしろふがいない死であり、望むべき最後とは思われなかった。』

かつての武士にあったそれが『不変的な矜持』であるのなら、今もそういう生き方、死に方をすることが良しとされているはずだが、そういう人物は見当たらないわけだ。

 

だが、『見当たらない』だけで、それが『不変的な矜持』なのだろうか。そういう気配はあるし、それが過激であるという気配もある。不変的な矜持は、『普遍的』でなければならないのか。ビル・ゲイツの親友であるウォーレン・バフェットは、自分の力を謙遜して、ラッキーだと言っただけであり、思い上がったことを言ったわけではない。

 

確かにこの世には、あらゆる状況が重なり合って偶然生まれる奇跡の様な幸運に恵まれることはある。だが、それは本当に『偶然』なのか。それとも『必然』なのか。その判断が、人間の運命を大きく変えることになるだろう。

 

 

 

MEMO

※これは運営者独自の見解です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。

 

 

特別情報

当サイトにある500人の偉人の8000の名言は、ぎゅっと集約して『38』にまとめられます。人間がいる以上未来永劫廃れることのないこの情報を、決してお見逃しなく。

 

『38の黄金律』へ

 

名言一覧

名言一覧(厳選した500人の8,000の格言)

 

Pickup名言

8000の言葉から名言がランダムに表示されます。偶然あなたに突き刺さる言葉に出逢えるかも∠(`・ω・´)✧!?

名言AI

ツルゲーネフ『時の過ぎるのが早いか遅いか、それに気づくこともないような時期に、人はとりわけて幸福なのである。』 ジョージ・ハーバート『閑暇を活用する術のない者には閑暇は持てず。』 ラ・ロシュフーコー『死と太陽は直視することは不可能である。』

 

関連する『黄金律

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』

『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』

『「生きる」ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧

ビル・ゲイツの名言・格言一覧