『ヒト』を最適化しよう。

ドストエフスキー『人間は卑劣漢として生きることができないのみならず、卑劣漢として死ぬこともできない。人間は清らかに死なねばならない。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

卑劣漢というのは、最低最悪のクズという意味だ。人間の風上にも置けない、常識では考えられない狂人のことである。だが、そう考えると、別に卑劣漢として生きて、そのまま死んでいく人間はいるだろう。私が知る限りでも、自分がやった卑劣極まりない大惨事を、一切反省することなく、そのまま死刑された人間がいる。

 

だとしたら、ドストエフスキーのこの言葉は無意味なものか。いや、『人間』という部分を再考するのであれば、話は別だ。高杉晋作はこう言い、

 

御木徳近は言った。

 

『人としての努力』をすることがなければ、そこにいるのは『人』ではない。例えば、猟奇的に、理不尽に、車を運転して暴走し、子供の群れに突っ込んで多くの子供の命を奪う者がいるとしよう。彼は確かに、生物学上的には人間である。だが、彼は本当に人間なのだろうか

 

 

『人間』は、卑劣漢として生きることも、死ぬことも出来ないのである。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『どれだけ生きるかではなく、いかに生きるかが重要なのだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』 『『生きる』ということの本当の意味とは。』

同じ人物の名言一覧