『ヒト』を最適化しよう。

ドストエフスキー『神と悪魔が闘っている。そして、その戦場こそは人間の心なのだ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

ふむ…。

運営者

考察

気づけば私はこのような言葉の意味を説明できるようになっている。

 

ダンテは言った。

 

そして当然これは『戦争を吹っかけて、その戦に勝とう!』という意味ではないのだ。聖書における『ヘブライ人の手紙』には、『父が子供を叱るとき』について、こう書いてある。

『神が自分の聖性を子に与えようとしているのだ』

 

つまり人間には『聖性と魔性』の両面がある。

 

 

その内、父が子を叱った場所には『愛(聖性)』が宿り、『魔が刺した』人間には『罪(魔性)』が宿っていることになる。だとしたら、見えて来るのは『聖性を優位にし、魔性を劣位にする』ということで、そこにあるのは、魔性と聖性の真剣勝負である。更に言えば、昨今一部の狂信者が世界を騒がせているが、イスラム教における『ジ・ハード(聖戦)』とは、何も人を惨殺することを許可する、という凶悪な概念ではない。

 

『神の為に奮闘する』ことを意味し、つまり、その『神』というものは、しばしば『愛、真理』と『=』であると考えられるわけだが、例えば、『人に裏切られ、殺意を覚えた』というとき、そこに現れるのは間違いなく『魔性の疼き』であるわけだが、しかし、それを聖性の力で劣位にさせよう、という『闘い』こそが、この『ジ・ハード(聖戦)』なのである。

 

これでもう完全にドストエフスキーの言葉の説明は済んだ。しかし、私が今これを確信を持って書けるのは、かつて強要された宗教、キリスト教に、イスラム教、戦争やテロ、そして死んでいった多くの人々、そういう悲しいことや、辛い思い出、神聖なものや、人間の歴史と繊細な心、様々な要素を包括的に踏まえたからこその、賜物なのかもしれない。そう考えると、この確信はある種の感慨がある。

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『人間が戦うべき相手は外にはいない。『内』にいるのだ。』

同じ人物の名言一覧