名言を自分のものにする

広告

 

> > >

 

高杉晋作 名言/格言

高杉晋作

 

高杉晋作とは(画像

日本革命家。生誕1839年

 

 

スポンサーリンク

 

高杉晋作の言葉

 

 

『おもしろきこともなき世をおもしろく 住みなすものは心なりけり。』

 

カテゴリー:人生/生死

27歳でこの世を去った高杉。この儚い人生について人一倍よく考え抜いて、どうしたら『尊い』ものに出来るか、自問したのだろう。

>>続きを見る

 

『同志と共に国を作ろうとしている。曲がった国が真っ直ぐになるのはいつか分からない。その苦労は死んでからじっくりと味わおう。』

 

カテゴリー:人生/生死

こういう気概があれば、人間に与えられた裁量を上回る行動をとることが出来る。例えば、普通、鋭利な角にスネをぶつけたら、大量に流血し、スネは骨折し、最悪はその足を切断しなければならないことになる。

>>続きを見る

 

『直言実行、傍若無人、死を恐れない気迫があるからこそ、国のために深謀深慮の忠も尽くせるのだ。』

 

カテゴリー:人生/生死

直言実行とは、『有言実行』とほぼ同じ意味だ。傍若無人とは、人目を気にせず、勝手に振る舞う様。そして深謀深慮とは、深く考えられた、はかりごとという意味。

>>続きを見る

 

『友人の信頼の度合いは人の死や緊急事態、困難の状況の時に分かる。』

 

カテゴリー:友情/仲間

困難な状況の時でなければ、相手の本性は浮き彫りにならないことが多い。物事が上手くいっているとき、そこに群がってくるのは、往々にして表層的な要因に目が眩んだ人間であり、

>>続きを見る

 

『人は艱難はともにできるが、富貴はともにできぬ。』

 

カテゴリー:人生/生死

例えば、一緒に苦労して、努力してトレーニングに励む。盟友だ。同じ釜の飯を食べた、戦友であり、親友だ。彼らが目指す場所は同じ。つまり、一人が勝てば、一人が負けることを意味する。または、ある、美人姉妹がいる。

>>続きを見る

 

『生きるか死ぬかは時機に任せよう。世の人が何と言おうと、そんなことは問題ではないのだ。』

 

カテゴリー:人生/生死

生きるか死ぬか、そんなことは自分が操作できることではない。だが、自分の人生をどう生きるかという決断なら、自分が操作することが出来る。

>>続きを見る

 

『苦しいという言葉だけはどんなことがあっても言わないでおこうじゃないか。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

苦しいという言葉をどんなことがあっても言わないでおく。その気持ちは、私にはよくわかることだ。何しろ私は、もう10年間以上、『疲れた…』等という言葉が自然に出て来たとき、

>>続きを見る

 

『古くから天下のことを行う者は、大義を本分とし、決して他人に左右されることなく、断固として志を貫く。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

『古くから天下のことを行う者は、大義を本分とし、決して他人に左右されることなく、断固として志を貫く。禍福や死生によって気持ちが揺れ動いたりするものではない。』

>>続きを見る

 

『心すでに感ずれば、すなわち、口に発して声となる。』

 

カテゴリー:自己/精神

『心で確かに感じたのであれば、それは必ず自分の言動に表れるはずだ。』

>>続きを見る

 

『先が短いなら短いなりに僕は面白う生きたい。派手な打ち上げ花火を打ち上げて、消えていく…それが高杉晋作の生き方ですき。』

 

カテゴリー:勇気/覚悟

高杉晋作は、結核によって27歳でその短い命を全うしている。

>>続きを見る

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


広告

 

↑ PAGE TOP