『ヒト』を最適化しよう。

道元『我が身、愚鈍なればとて卑下することなかれ。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

曹洞宗だろうが禅宗だろうが、浄土真宗、チベット仏教だろうが、あらゆる仏教の宗派の元祖は全て、ブッダ(釈迦)である。

 

フランス小説家プレヴォは言った。

 

だから私は『宗派』という時点でもうすでに歪曲していると考えるが、しかし、教えが崇高なら、別にそれを否定することは決してない。それに、私とてブッダの言葉は極めて傾聴に値すると考える『無宗教者』だが、こういう私の様な人間だって、ある種の『ブッダ一派』だ。そう考えると、そういう細かいことは『こと、教えの尊さを判断する際には』関係ないのである。

 

道元のこの言葉も傾聴に値するからこうして内省している。自分の情けない部分を見つければ、人は誰でも自分を卑下したくなる。しかし『コンプレックス』とは、まるで『起爆剤』、あるいは『エネルギー源』である。

 

私が見てきた『第一線に立つ者』は皆、このエネルギー源を腹の底に抱えて煮えたぎらせている。かくのごとく、『卑下し得るコンプレックス』とはまるで、『バネにかかる圧力』である。

 

『この道は闇に続いている。私はそれを人一倍知っている。だからこそ歩ける、王道の道がある。私は堕ちたのではない。王になる道を歩く権利を得たのだ。』

 

また、もし『他人と比べて』自分に劣等感を覚えているなら見るべきなのは以下の記事である。

『他と違うことは恥ではない。誇りだ。』 『この世には、自分にしか歩けない道がある。その道を歩くのが人生だ。』

 

経営の神、松下幸之助がこう言い、

 

イギリスの探検家、ラポックもピタリ同じことを言ったように、

 

自分の人生の尊さを思い知るのが良い。そのことについては、道元の師であるブッダがこう言っている。

 

ブッダ

 

天上天下唯我独尊』だと。この言葉の真の意味は、『この世に自分という存在は、たった一人しかいない、唯一無二の人生を、悔いなく生きるべし』ということなのである。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『ピンチ?逆境?絶体絶命?いや違う。『チャンス』だ。』

同じ人物の名言一覧