『ヒト』を最適化しよう。

老子『大器は晩成す。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

普通に考えて、小さな器と、大きな器を作る時、そのどちらが早く出来て、どちらが遅くできるかということである。大きければ大きいほど、時間がかかるのだ。例えば器じゃなくても、目の前の紙を手に取って紙ヒコーキを作ってみるといい。

 

 

簡単だ。すぐに出来る。それは単純作業だからだ。紙も身近にあるし、ノウハウも知っている。だが、これが未踏未達のケースで、ケーススタディ(事例)がない状況ならどうだろうか。当然、時間がかかる。思考錯誤するのだ。時には、1万回やっても結果が出ないケースもあるだろう。

 

だが、エジソンは言ったのだ。

 

これだ。この発想がカギだ。

 

天才芸術家、レオナルド・ダヴィンチは言った。

 

未踏未達で、ケーススタディがないということは、たしかにそれだけ時間がかかるかもしれない。だが、幸運の女神の髪も、まだ誰も掴んでいないということなのだ。

 

エジソンはこうも言う。

 

途中で諦めそうになるということは、それだけ価値のある物事に取り組んでいるということなのだ。それだけの大器を作る時の覚悟の中に、『妥協』の文字など相応しくない。

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『『一歩』の価値をどう評価するかで、その人間の人生は決まる。』 『失敗したと思っても絶対に諦めるな。そもそもそれは、『失敗』ではない。』 『一つのことに集中する人間だけが手に入れられる圧倒的な力がある。』

同じ人物の名言一覧