『ヒト』を最適化しよう。

老子『軽諾は必ず信をすくなくす。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

『軽諾寡信(けいだくかしん)』とは、物事を軽々しく請け負うような人間は、信用できないということ。

 

孔子は言った。

孔子

『昔の人が言葉に慎重だったのは、自分の言葉に実行が追い付かないのを恥としたためだ』

 

『不言実行の高潔さを知れ』ということだ。例えばこう考えればわかりやすい。

 

あるところに、社長と、二人の社員がいた。社長は、理路整然とした合理的かつ効率的な仕事をする為に、まずは自分の身の周りを整頓しろ、と二人に言った。一人はいかにも、『聞いています』という態度で、よくうなづき、目をルンルンとさせて、まるで飼い犬が主人を見るような目でこちらを見ている。それに比べてもう一人は、少しぶっきらぼうな顔をしていて、うなづきもしない。ただこちらの言うことをじっと見ているだけだ。

 

数日後、出張から帰ってきた社長が、出張から帰ってきたことも告げずに、抜き打ちでその二人の様子を見に行った。すると、一人目の社員は、昼食か何かで外出して、会社にいないにも関わらず、机の上が私物で散乱していた。

 

 

しかし、二人目の社員は、会社でデスクワークをしているにも関わらず、きちんと身の回りが整頓されていた。では、話を聞いていたのは、どちらだったのだろうか。表層上で軽諾するような人間は、ただ軽薄なだけなのである。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『自分のものに出来ない知識は、自分の知識とは言えない。』

同じ人物の名言一覧