『ヒト』を最適化しよう。

老子『上善は水の如し。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

例えば、水の入った丸い器を、四角い器に移し替えた時、『水の本質』は変わっているだろうか。答えは『No』である。我々はこの『水』でいいのだ。本質さえ変わらなければいい。

 

不易流行』とは、変えるべきところは変え、変えないべきところは変えない、という教え、戒め、心構え、教訓である。

 

ナイチンゲールも、

 

と言い、映画監督、小津安二郎もこう言い、

 

日本生命中興の祖、弘世現は言う。

 

フランスの諺にもこうあるが、

 

どうでもいいこと(器という見栄、体裁、外聞)は、本当にどうでもいいのだ。そこは変えたって『本質』は変わらない。むしろ、『どうでもいいこと』を流動変化させられないということは、単なる『執着』である。

 

何しろ我々は、いずれ必ず死ぬのだ。そう考えただけでも、流動変化させることが臨機応変に出来て、当たり前である。むしろ、変化が出来ず、情勢に合わせられない人や企業は、淘汰されるのが相場なのだ。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『流動変化が避けられないことを知っているかどうかは、人間の運命を大きく変える。』 『前進あるのみ。それ以外は後退だ。』

同じ人物の名言一覧