名言を自分のものにする

広告

名言

 

 

> > >  >

 

宮本武蔵 名言/格言(2ページ目)

 

 

『固く決意して、朝な夕な鍛練して技を磨きつくして後、自然に自由になり、おのずから奇跡的な力を得、神通力の不思議があるのである。』

 

カテゴリー:自己/精神

『固く決意して、朝な夕な鍛練して技を磨きつくして後、自然に自由になり、おのずから奇跡的な力を得、神通力の不思議があるのである。これが武士として兵法修行をする心意気である。』

>>続きを見る

 

『「崩れ」ということはなにごとにもあるものである。その家が崩れる、身が崩れる、敵が崩れるというのも、時機にあたり、拍子違いになって崩れるのである。』

 

カテゴリー:自己/精神

合戦においても敵が崩れる拍子をとらえて、その機を逃がさないように追い立てることが肝要である。崩れるときの呼吸を逃せば、敵が立ち直ることがあろう。

>>続きを見る

 

『敵の手の内を知れば、格段に有利になり勝利が得やすくなるものである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

合戦においても、どうにも敵の勢力や動きなどが見分けられないときは、自分の方から強くしかけるように見せかけて、敵の戦略を見るものである。敵の手の内を知れば、格段に有利になり勝利が得やすくなるものである。

>>続きを見る

 

『自分の方から、虚心になって、早く強くしかけて勝つ利を得るのである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

合戦では、敵に落ち着きがなく、ことを急ぐようにみえるときは、少しもそれに構わないようにして、いかにもゆったりと構えてみせると、敵も自分のことのようになって気持ちが弛むものである。

>>続きを見る

 

『敵の心の動揺が収まらないうちに、こちらが有利なように先手をかけて勝つことが肝要である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

よく吟味すべきである。合戦では、動揺させることが肝要である。敵が予期せぬときに激しくしかけて、敵の心の動揺が収まらないうちに、こちらが有利なように先手をかけて勝つことが肝要である。

>>続きを見る

 

『敵に先手をとられたときと、自分から先手をとって敵にしかけたときとでは、倍も違うものである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

孫正義率いるソフトバンク株式会社が、世界初の感情認識型ロボット『ペッパーくん』を世に打ちだした。

>>続きを見る

 

『総じて太刀にしても、手にしても「いつく」という事を嫌う。「いつく」は死ぬ手であり、「いつかざる」は生きる手である。』

 

カテゴリー:知性/知恵

『固着』とは、他の物にくっつくこと、あるいは、その同じ場所に定着することを言う。『執着』にも似ている、人間の観念である。

>>続きを見る

 

『戦いの姿勢は、平常の姿勢を兵法の姿勢とし、兵法の姿勢を平常の姿勢とすることが肝要である。よくよく吟味すべきである。』

 

カテゴリー:知性/知恵

戦うべきシーンと、そうでないシーン。それを分けて考えると、例えば、『ワークライフバランス』という発想が頭をよぎる。

>>続きを見る

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

当サイト最重要記事

黄金律

8,000の名言から浮かび上がった38の黄金律』

 

黄金律

『8,000の名言から浮かび上がった54の言葉』

 

シェア

 

偉人の名前や名言を検索

 

おすすめ関連記事

 

 

↑ページの上部へ


↑ PAGE TOP