『ヒト』を最適化しよう。

宮本武蔵『観・見ふたつの目の付け方があり、観の目(大局を見る目)を強く、見の目(細部を見る目)を弱くして、遠い所をしっかり見極め、近い所を大局的にとらえることが、兵法では最も大切なことである。』

名言と真剣に向き合って、偉人の知恵を自分のものにしよう!

偉人

ふむ…。

運営者

考察

木を見て森を見ず』。目の前の木に囚われ、森を観ることが出来ない。これは認知ミスだ。例えば、プロの詐欺師がいる。しかも詐欺軍団の中の、凄腕のリーダー格だ。彼らには『彼らなりの壮大な計画』がある。金を騙し取り、100億円集めようというのだ。

 

そんなことを知らない老人がいた。彼女は彼が、詐欺師だということも、リーダー格ということも、壮大な計画のことも、もちろん知らない。ただただ目の前にいる、紳士的な若者。そういう風にしか、認識していない。

 

 

彼という本当の実態や、生い立ちなどには興味が無い。彼女はただ、目の前にいる誠実な若者に、ひどく感心しているのだ。彼女は彼を信頼して、自分の金を彼に預けた。しかし、金は返ってこなかった。彼女が本来見るべきところは、目の前の表層ではなかった。彼という詐欺師の、計画の方だった。

 

 

 

 

MEMO
※この文章は全て運営者独自の『名言を通した見解』です。一つの参考として解釈し、言葉と向き合い内省し、名言を自分のものにしましょう。
運営者 一瀬雄治(Yuji ichise.)の半生

関連する黄金律

『人の評価に依存することの愚かさを知れ。依存しないなら強い。』

同じ人物の名言一覧